• 体験会はこちら(オープンキャンパス)
  • 資料請求はこちら
  • INSTAGRAM
  • facebook
  • twitter
IMSI TIMES World Communication Network
電話
大切な人のために世界の自然療法を学びたい人が読むブログ

2019.05.21

メンタルケアとアロマセラピー

東洋鍼灸専門学校様にて、「夏のメンタルケアとアロマセラピー」の講座を開講させていただきました。

ご参加くださいました皆様、主催してくださいました東洋鍼灸専門学校様、ありがとうございました!

 

フレッシュな香りを嗅いで、「わぁお~!」と笑顔になった皆様のお顔が、とっても素敵でした。

この「わぁお~!」と皆様のお顔をパッと変えることこそが、まさにアロマセラピーでしかできない技なのです。

アロマセラピートリートメントが心と身体に働きかけることは、世界的に知られています。

疲労困憊した心身にサポートが必要な時、緊張した心身にリラックスが必要な時、アロマセラピーが有効なことも、周知のとおりです。

 

でも、そんなときには、アロマセラピーだけではなく、たくさんの選択肢が世の中にはありますよね。

温泉に行くのも良いですし、音楽を聴く、エクササイズをしたり、カラオケで歌ったりするのも良いでしょう。

また、鍼灸、リフレクソロジー、整体、カイロプラクティック、エステ、ヘッドスパなど、様々なセラピーのお世話になるのも良いですよね。

 

でも、「アロマセラピーにしかできないこと」があるのです。

それは・・・、先ほどの「わぁお~!」のように、

気持ちがモヤモヤした時、

イライラした時、

緊張してドキドキする時、

落ち込んでしまった時、

悲しい気分になった時などに、

「脳のモードを一瞬で変える」ということです。

 

アロマセラピーは、アロマセラピートリートメントだけではありません。

試験勉強中のひと時、

スポーツ試合前の緊張状態にある時、

仕事で嫌なことがあった時、

ポケットからアロマを取り出して、クンクンと香りを嗅ぐことも、アロマセラピーのひとつ。

 

先日のIFPAアロマセラピーカンファレンス報告会では、

自閉症のお子様にアロマスティックを嗅がせたら発作が治まったという症例や、

病院の患者さんでトリートメントを好まない方にも香りを楽しんでいただくという目的で使われている「アロマスティック」をご紹介させていただきました。

こちらのアロマスティックはスイス製で、オーガニック精油がふんだんに使われています。

開封後、なんと6か月も良い香りが漂うのです。

ポケットから取り出してサッと嗅ぐことができるのが嬉しいですね。

有名なオリンピック選手も愛用されているそうです。

 

IMSIで販売をしていますので、欲しい方はお声をおかけくださいね。

 

 
ページトップ

Copyright © 2013 IMSI Corporation.All rights reserved.