• 体験会はこちら(オープンキャンパス)
  • 資料請求はこちら
  • INSTAGRAM
  • facebook
  • twitter
IMSI TIMES World Communication Network
電話
大切な人のために世界の自然療法を学びたい人が読むブログ

2019.05.21

使ってよかった育児グッズBEST3 その2 疲れない抱っこひも

42歳で出産しましたので、育児は、疲労との戦いです(笑)。

疲労困憊のときは、迷わず、子どものケアよりもセルフケアが優先。

家事も育児も、Let’s 手抜き♪です。

そして、「疲れないための道具」があるのなら、道具に頼るということも、1つの手です。

 

使ってよかった育児グッズBEST3 その2 は、

疲れない抱っこ紐 です!

ベビーカ―は、便利かもしれませんが、子どもにとっては、あまり面白くないものかもしれません。

町を行くベビーカーに乗った子どもの顔を見れば、分かりますよね・・・。

とても楽しそうな表情ではありません。

ベビーカーは、町の景色は見えますが、子どもたちにとっては、そんなことよりも、抱っこしながらのスキンシップやお喋りのほうが、断然楽しいのです。

 

そして、子どもがぐずったり、泣いたりした時に、おすすめなのは・・・?

最近は、スマホの泣き止ませアプリとか動画もありますネ。

「絶対に使っちゃダメ!」とは言いませんが、脳や身体の発達には、良いとは言えません。

おすすめなのは、やっぱり、抱っこなのです。

 

山口創先生も、ご著書で「”幸せ脳”を育むのは抱っこである」と述べています。

スキンシップの不足が原因で、大人になってから、暴力的で、キレやすい性格や、うつや摂食障害を発症することもあるのだそうです。

山口創先生は、12月8日の自然療法フェスティバルで、ご講演してくださいます。

 

オキシトシンたっぷりの山口先生の生トークをお聴きになりたい方、是非ご参加ください!!

 

”幸せ脳”が抱っこで育つのであれば、少しの期間、頑張ろうではありませんか!

保護者にとっても、良い筋トレです。

とはいえ、抱っこは、重いし、疲れますよね・・・!?

私、筋力が全然ありませんので、抱っこ紐が本当に役に立ちました。

 

色々な種類を試し、今のが実は3代目なのですが、この抱っこに出逢えていなかったら、きっと、10㎏くらいから挫折していたかもしれません。

こどものお尻をしっかりと乗せられる、i-angel(アイエンジェル)という韓国製の抱っこ紐です。

アマゾンや楽天でも購入できます。

写真のように前向き抱っこでも、対面抱っこでも、おんぶでも使えますが、私は、同じ視界で、一緒の世界を共有できる、前向き抱っこが好きです。

スーパーで買い物をしている時や、電車やバスに乗った時など、いつも「今は●●しているんだよ」と実況中継していました。

でも、視線を合わせることのできる、対面抱っこもまた、良いですよね。

こちらのi-angel(アイエンジェル)の抱っこ紐、ヒップを乗せるシートがある分、持ち歩くときはかさばるのが欠点ですが、それでもやっぱり、必要不可欠です。

 

14Kgになる現在では、すっかり歩くのが上手になりましたので、外では徹底的に歩かせています。

歩かせれば足腰のトレーニングにもなりますし、達成感にもつながります。

 

でも、時には赤ちゃんに戻って抱っこやおんぶをせがんでくるので、この抱っこ紐をまだまだ活用中です。

(これがないと、抱っこをせがまれても、快く「良いよ~」とは、言えないでしょう・・・。)

もちろん、妊娠中や腰痛など身体的な理由や、上のお子様がいらっしゃって抱っこが難しい方は、無理をされないでくださいね。

 

 
ページトップ

Copyright © 2013 IMSI Corporation.All rights reserved.