冨野学院長のブログ

2019.05.21

食生活が人生を変える

「食生活が人生を変える」

まさに、その通りだと思っています。

先日、南アフリカDIセラピューティック・リフレクソロジーの受講生さんに教えていただき、私の永遠の自然療法のバイブル『家庭でできる自然療法』の著者、東城百合子先生の講演を聴いてきました。

93歳になられた東城百合子先生。

ずっと立ったままで、キレッキレのトークで、本当に素敵でした♥

東城先生は、乳児の頃に、事故で背骨が曲がって足が不自由になり、歩くことが困難だったそうです。

それもお天道様が与えてくださったことと感謝して、何とか工夫して、人の役に立つことを考えるようにと、お母様から教えられて育ったのだそうです。

また、20歳の時には結核を患い、生死の縁をさまよわれました。

その時に自然療法に救われて以来、自然食・自然療法研究家として、食生活を通して命の尊さを伝え、自然に還る健康運動に力を注いでいらっしゃいます。

ご本人も仰っていましたが、90歳を超えて、立ちっぱなしで話すということは、相当の努力をしないと出来ないことです。

その努力のひとつとは、「掃除、洗濯、料理など、今日のことは、今日きちんとやること!」だそうです。

「生活がしっかりしていないと、何でも人のせいにする人になってしまう。

自殺したり、殺人したりする子どももいるが、ご飯を電子レンジで3分でつくるなど、おかしな生活を大人がしているからだ。

子どもを批判する前に、大人が間違っていることに気付こう。」

そんなメッセージもありました。

 

もちろん、食べ物を正しく選ぶことも、大切です。

でも、「生活がきちんとできているか」も、それ以上に大切な要素。

朝は早く起きて、感謝してご飯を食べるなど。

ダラダラと生きるのではなく、規則正しい生活を送ることの大切さを、改めて実感することができました。

 

こんなお話もありましたよ。

自然食をきちんと食べているのに、病が治らない方に「テレビを見ながら食べていませんか?」と訊いたら「見ている」と。

その方に、ご飯を食べながらテレビを見ることをやめてもらったら、病が治った。

自然食を食べて、テレビも見ていない方で病が治らない方に「ご主人様を毎日玄関で正座してお見送り・お出迎えしていますか?」と訊いたら「していない」と。

その方に、毎日ご主人様を玄関で正座してお見送り・お出迎えしてもらったら、病が治った。

うーーーむ、2番目はちょっと真似できない(笑)が、深いお話でした!!!

南アフリカDIセラピューティック・リフレクソロジークラスでは、東洋医学の学びやリフレクソロジーの技術習得のほかに、健康的な食生活や子育て・ファミリーケアなどのお話で毎回盛り上がっています。

受講生が、皆さん健康オタクなので、私自身にとっても、毎回楽しい学びになっています。

 

こちらは、受講生が持ってきてくださった無農薬リンゴ。

このように皮のまま輪切りにして、芯のギリギリの所までいただくのです。

 

IMSIのことが
気になる方はこちら

IMSIがお伝えする
世界の自然療法にご興味のある方、
まずは第一歩を踏み出してみませんか?

まずは体験してみたい方はこちらから

オープンキャンパスに申し込む(来校・オンライン)

ゆっくり資料を読みたい方はこちら

資料請求をする

何から始めて良いか分からない方はこちら

ガイダンスに申し込む(来校・オンライン)

まずは気軽にメールで情報収集という方

メルマガ登録をする

お問い合わせ

受講についてのご相談や、自然療法について知りたいことなどがありましたら、ぜひ気軽にお問い合わせください

お電話でのお問い合わせ

0120-458-234

フォームでのお問い合わせ

いつでもお問い合わせください
ページトップ