• 体験会はこちら(オープンキャンパス)
  • 資料請求はこちら
  • INSTAGRAM
  • facebook
  • twitter
IMSI TIMES World Communication Network
電話
大切な人のために世界の自然療法を学びたい人が読むブログ

2019.11.23

ディエンチャンアドバンスDay1食あたり、割れ顎、不妊、逆子、リーキーガット症候群、蕁麻疹、虫刺され、切迫早産など緊急時のケア

ベトナムより、今年もタム先生&ティー先生のコンビが来日しました!

飛行機が7時間遅れても、元気イッパイで到着。

6日間連続のコースの前日、唯一のOFF日はあいにくの悪天候でしたが、

話題のデジタルアートを見に行き、美しさに大満足でした!

11月22日、日本での「いい夫婦の日」が結婚記念日のお二人、今年は結婚11周年なのだそうです。

好奇心いっぱいで、いつでも笑顔。とっても仲良しのナイスカップル、羨ましいです!!

 

さて、今年のディエンチャンアドバンスにも、全国からたくさんの受講生さんが集まってくださいました。

「これまで、皆さんはディエンチャンでどんな経験をしましたか?」という問いに、

「腰痛がよくなった!」

「急な腹痛にディエンチャンをやったら奇跡のように止まった!」

「めまいが軽減した!」などのほか、

「前はよく救急車で運ばれていたが、ディエンチャンと出逢って救急車に乗っていない!」という方もいらっしゃいました。

そう、ディエンチャンは、気軽に行える健康増進のためのケアですが、

不調に陥った時には、ものすごいパワーになるのですね。

娘さんが24年間悩んでいた「割れ顎」が1か月のセラピーで改善したという方がいらっしゃいました。

その娘さんは、小さいころから腸が弱かったそうですが、顎は、まさに腸の反射区。

外見のお悩みをケアしながらも、実は根本的な体質改善にもつながっているのがディエンチャンの特徴です。

↑ 受講生さんのパワフルな施術にビックリするお茶目なタム先生。

 

基礎コースで学んだ原則に、

タム先生の経験談を交えながら、アドバンスならではの新しい原則が加わって、

皆さんのディエンチャンがより輝きを増し、パワーアップしていきます。

不妊のケアでは、今回の通訳さんの個人的な体験談も披露されました。

ベトナムに住むお母さんがディエンチャンを勉強して、アドバイスをもらったところ、

2人の子宝に恵まれたそうです!

そして、逆子もディエンチャンで自分で治してしまったとか。

もちろん、不妊にはいろいろな原因があります。

子宮筋腫や卵管閉塞など病気が潜んでいるかもしれませんし、

旦那さん側が原因かもしれません。

治療が必要な場合もありますが、

特に問題が見つからない場合は、冷えや生活習慣が原因ということが多く。

ディエンチャンと食生活の改善で、かなりの高確率で妊娠成功されるそうです。

栄養成分ばかりを気にしてオレンジジュースや豆乳を飲み過ぎるのは、要注意!

東洋医学で注目するべきは、「陰か陽か」なのです。

 

リーキーガット症候群のケアでは、腸をケアするツボのフォーミュラのほか、

腸内環境を改善させる食べ物や食べ方などの紹介もありました。

また、リーキーガットからくる蕁麻疹や、それ以外の原因にも使える湿疹のフォーミュラ、

虫刺されのケアなどの話もありました。

ベトナムでは棒灸もよく使います。

湿疹はもちろん、虫刺され、打撲、捻挫など、通常は「冷やした方が良い」と言われる症状でも、

お灸の方が効果がある場合も多いのだそうです。

ベトナムでは、蜂に刺された時も棒灸を使うのだとか。

なんと、マダニに刺された時にも良いそうです(皮膚に食いついたマダニごと棒灸)。

他人には免許がないとできませんが、セルフケアにはこれほど良い物はありませんね!

 

「いざという時にできることがある!」と思えることはディエンチャンを学ぶ醍醐味の1つ。

アドバンス初日は、基礎コースで学んだ緊急時のケアの復習を行いました。

失神した人も目が覚める!?顔の「線引き」テクニックです。

顔は脳の反射区ですから、脳への刺激になるのです。

とっても「刺激的!」なのですが、

終わった後は、気分スッキリ、身体も軽くなります。

 

そして、顔とともに緊急時のケアで大切な部位である、背中の6つのラインを学びました。

 

切迫早産しかけたティー先生を救ったテクニックです。

丁寧に、背骨の上やキワ、肩甲骨のキワ、肋骨に沿ったラインなどを、ほぐしていきます。

服の上からでも、地肌に直接でも、座っていても寝ていてもOK。

緊急時のケアの実習ではありますが、あちこちから「気持ちいい~」という声が聞こえてきましたよ。

この手法は、緊急時はもちろん、日常的に使うことができるそうで、

内臓の問題にも良いし、体温調節を助け、血行を抑止、自律神経を安定させて、精神の安定にも良いそうです。

ベトナムでは風邪の方も、癌の方も、皆さんファミリーケアに取り入れているそうですよ。

こんなにまで背中が大切ということは、逆に言うと、普段から背中がこっている人は要注意なのですね!

タム先生とティー先生の笑顔のお陰で、温かく、明るい雰囲気で1日目が終了しました。

まだまだ続きます!

 

2020年ディエンチャン基礎コースはこちらから

「本当に効果のある世界の自然療法を伝えたい!」という想いの詰まったIMSIのオープンキャンパス(無料体験会)。

自然療法にご興味のある方は是非いらしてください!

アロマセラピーオープンキャンパスはこちらから

リフレクソロジーオープンキャンパスはこちらから

ディエンチャン顔反射療法オープンキャンパスはこちらから

 

 

 
ページトップ

Copyright © 2013 IMSI Corporation.All rights reserved.