• 体験会はこちら(オープンキャンパス)
  • 資料請求はこちら
  • INSTAGRAM
  • facebook
  • twitter
IMSI TIMES World Communication Network
電話
大切な人のために世界の自然療法を学びたい人が読むブログ

2020.05.14

オランダの医療現場におけるアロマセラピーその5 アフター・コロナの時代においてのアロマセラピー

オランダは、世界で初めて安楽死を法的に認めた国として、近年注目を集めています。

もちろん、その背景には様々な議論がありますが、「患者さんの意思を尊重することを大切に考える」という風潮があるのは確かです。

実際に、この法律が可決されてから、ホスピスや緩和ケアを提供する施設の設立、在宅医療や訪問看護などが急速に進められました。

現在、オランダでは、病院で最期を迎える人は割と少なく、ホスピスやナーシングホーム、在宅などで、QOLを大切にしながら、最期のときを過ごす人がとても増えています。

その動きと共に、アロマセラピストの活動も益々広がってきていて、アロマセラピーは、ホスピスや介護、在宅医療には欠かせないものになりつつあります。

もちろん、オランダでも、全ての病院や病棟でアロマセラピーが活用されているわけではありません。

看護師は通常の看護の業務で忙しく、かといって、専門のアロマセラピストを雇う余裕はない、という病院も多くあるのが現状です。

これは、他の国でも同じではないでしょうか?

それでも、この10年間でだいぶ状況は変わってきました。

もっともっとアロマセラピーが入り込んでいく余地はあると思います。

その背景には、一時的な症状改善のために薬を投与することで、症状を悪化させたり合併症のリスクを高めたりするよりも、むしろ患者の幸福感を高めながら、「患者さん中心のケア」を行うべきだという認識が広がってきているのです。

そして、「患者さん中心のケア」にアロマセラピーが大いに役立つということは、多くの医療従事者や患者さんが認識しはじめています。

新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受け、人々の生活やマインドが大きく変わっていったことは、言うまでもありません。

ただ一つ言えることは、私たちアロマセラピストは、人の健康と幸福、そして人生に貢献できるということです。

そして、これからの時代、「統合医療」が世界において主流の医療となっていきます。

その中で、アロマセラピーは補完医療の一つとして、益々求められていくということです。

 

医療と患者さんの架け橋となるアロマセラピストは、これからの時代こそ、大変な価値と責任ある仕事なのです。

そのためには、アロマセラピストは精油の科学的な側面やエビデンスもしっかりと学んでいかなくてはなりません。

タッチングが重要であることは言うまでもありませんが、アロマセラピーはタッチングができない状況でも、大いに効果を発揮してくれるということは、既に証明されているのです

アロマセラピストが、アロママッサージだけでなく、様々な効果的なアロマセラピーの活用法の引き出しを持つこと、それを患者さんと共有していくことが、重要だと考えています。

これからも、精油とCO²エクストラクトを駆使した効果的なアロマセラピー活用法、Fusion AromaCare™を研究し、多くの方に伝えていきたいと思っています。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

2020年10月30日~11月2日、オランダよりマデレイン先生を招待して、初来日ワークショップを開催予定です。

本場のクリニカルアロマセラピーを世界的第一人者が学べる、またとないチャンスです!

Day1(10月31日)は、「高齢者ケアと認知症患者へのアロマセラピー」がテーマ。

香りと認知に関する最新の考察。香りの記憶を活用して患者の不安を和らげ、落ち着きを取り戻し、不眠を解消するためのケア。高齢者特有の痛み、皮膚の問題や口腔ケアなどにおけるアロマセラピーのケアを紹介します。

Day2(11月1日)は、「がん患者へのアロマセラピー」がテーマ。

がん患者とその愛する人々へのサポートとして、不安、鬱などの感情への対処。吐き気、痛み、放射線治療後の皮膚炎、口腔の問題における最良のアロマセラピーのケア。医療現場でのアロマセラピーの安全性と利点についての「神話」ではなく正しい情報を解説します。

Day3(11月2日)は、「ターミナルケア、緩和ケアの中で行うアロマセラピー」がテーマ。

人生の最も印象的な時間を過ごすにあたり、皮膚の問題、創傷、痛み、呼吸困難など症状の緩和と平和的な心地良さを提供するためのホリスティックなアロマケア。本人や愛する人々の不安や恐れといった感情を和らげるためのアロマセラピーのケアを紹介します。

3日間通しでのご参加がおすすめですが、1日または2日のみの参加も可能です。

来校(会場は都内を予定)がおすすめですが、来校できない方へのオンライン授業も準備中です。

ご興味のある方は、ご連絡お待ちしています!

E-mail: info@imsi.co.jp

 

2020年10月31日~11月2日、来校とオンラインと同時開催予定です!

マデレイン・ケルホフ氏来日セミナー~医療現場で行うクリニカルアロマセラピー~

認知症、がん、緩和ケアの現場で行われる最前線のFusion AromaCare™

自然療法の国際総合学院IMSIの授業は、当面の間、オンラインで対応しています。

オープンキャンパス、ガイダンスもオンラインで承っています。お気軽にご相談ください。

IMSIウェブSHOPは営業していますので、オーガニック精油やディエンチャングッズなどは通常通りご購入いただけますが、発送は順次となります。ご了承をお願いします。

 

 

 
ページトップ

Copyright © 2013 IMSI Corporation.All rights reserved.