嵯峨副学院長のブログ

2012.01.29

サンフランシスコ 子連れ旅 オーガニックショップとレストラン

IMSIでの最近のお仕事は

● ビューティフルフェイス お顔のリフトアップ講座を担当。

● IMSI認定コース、復習会構想。

● オーストラリアの先生との連絡とり
現役プロフェッショナルの先生、TOUCH FOR WORLD International Week 2012に、是非お呼びしたいのです!安心して来日してもらうためには、熱い熱意に加えて、適切なビジネスイングリッシュが重要。国際部の絢子ちゃんに英文づくりのサポートを受けています!

その他 事務局&事務仕事などなど。

このブログをお読みの方は、美味しくって健康的な食べ物がお好きな方が多いかもしれません(笑)。。。ということで、プライベートのお話ですが、先日子連れでかけたサンフランシスコの様子を。

今回の訪問テーマは、

● 息子が大好きな「乗り物」に乗る。
● ママが大好きなオーガニック食品、自然療法グッズの仕入れ。
● 夫の好きなカリフォルニア料理と田舎へのドライブ。
(あー。思い出せば、夫は現地での仕事もありました!)

ブログでは写真でのご報告してみますね。

① 初日 第一日目。

初日、羽田発のJAL夜便で出発。

12時過ぎの出発で、4歳の息子は機内でほとんど爆睡。
席は満席。途中に寝心地が悪いのか、姿勢がくずれまくり、結局、息子の上半身を抱いて座った私は脚がしびれることに。でも、暖かったけど。。。

空港についてから、無料のモノレールでレンタカーセクションへ。
倉庫の中からチャイルドシートを選んで、くくりつけるのに少し時間がかかったが、無事に装着。

車を借りて、101号へ。
ダウンタウンに向かうため101号を降り、

そして、最初のお目当て、「レインボーグローサリー」へ。

昨年、夫がサンフランシスコへ出張した時に、

「ママさんが好きそうな巨大なオーガニックマーケットがあったよ!」とお土産を買ってきてくれた、その場所へ向かう。







「もう、ここには来ないだろうから、欲しいものがあったら、買った方がいいよ」

との言葉に、私のアクセルが、どんどん踏まれ。。。

日本では買えないような、もしくは、あっても非常に高い食品、新鮮なフルーツ、シャンプー、歯磨き粉、ハーブ、サプリなど、、、そして、旅の間に体調崩した時に、必要そうな自然療法グッズも含めて、どんどん、カゴに入れる。

あまり種類が多くて、迷いそうなものは、定員さんに聞く。
とっても親切だ。

「オーガニック原料だけで作られたビタミンCのパウダー」

とか言うと、さっとその場所まで連れて行ってくれる。

とはいえ、あっという間に1時間が過ぎ、息子や夫はお腹がすいたらしい。

「ママさん、そろそろ」の声がかかった。

心残りはあったが、十分な量はGET。





この手のスーパーには、ビニールなどはない。
そのあたりに、転がっていた段ボールに、買ったものを詰め込んだ。

初日から、大量の大人買い (ははは 笑)



お店に外観。車の中から撮影。

自然療法がお好きな方へ

オーガニックコスメ、オーガニック食品、ハーバル商品、フレッシュフルーツ、野菜、乳製品など、なんでも豊富なセレクションが。、とてもお勧めの場所ですよ。

子供に安心の商品もたくさんありますし。

息子は、自分で気に入ったシャンプーと歯磨き粉、チョコレートをカゴに放り込んでいました!

私は裏の成分を読むけれど、絵をみて選んでいるようでした。どおりで決断が早い!

・・・・

その後、ホテルへチェックインして荷物をおき、
夕食場所を探しに。

ホテルの隣にあるレストランは、サンフランシスコのレストランでも最も人気があり、予約がとれない場所といわれている。

せっかくだからと、事前に確認メールをしたら、夜10時なら空いているけれど、という返事が来ていた。子連れだし、そんな時間にいけるわけないでしょう、、、なんて思いながら、やっぱり気になるので、ちょっと覗くことにした。

レストランの名は Garydanko、フィッシャーマンズワーフの近くにある。

http://www.garydanko.com/

夫は、大人っぽい雰囲気に、出ようよ、といったけれど、

「とりあえず、席が用意できる時は、縁があるわけよ。今日は疲れているし、子連れで、歩いて、レストラン探しも結構大変だから」といって、とりあえずなだめる。

このあたりは、女性のずうずうしいところか?

バーカウンターなら用意できるということで、そこに座ることにした。

レストランには子供の姿は、まったくなし。普段も、いなそうではあるが、入店した時、スタッフが子供をみても、おどろかなかった様子をみて、「大丈夫」とふむ。

案の上、とても、楽しむディナーとなった。

メニューの説明から、とてもフレンドリー、そして息子にも積極的に話かけてくれた。

また、驚いたのが、

「到着したばかりで、お腹がそんなに空いていない。5コースを2人でシェアできるか?」

と、ダメもとで話してみたら、

「OK!」と明るい返事。アメリカを感じる。。。

フランスでは、こんなことを言ったら、つまみ出されたりして(笑)

さて、私たちの食したものを紹介。

最初にパンとスープがでる。

あまりに美味しいのか、息子はどんどん、パンを食べるのでスタッフが笑っていた。

そして前菜。





これで、2分の1の量。一人で食べたらどんなに多いのか?

私は、息子と一緒にミントとハーブの入ったノンアルコールカクテルを飲む。



魚料理。ハーブと野菜がソースに使われている。



夫はワインを注文。料理もライトな感じで、美味しい。



メインには、バイゾン、鹿。日本であまり食さないものを選んだ。

これは美味しい。

デザートは、たくさんあって、すごーく迷ったが、息子にメニューを全部読みあげると、「ラズベリーシャーベット」という言葉に反応して、絶対これが食べたいというので、このメニューに決定!



チーズスフレに、バニラビーンズに入ったパンナコッタ風ソースがかかっている。

写真を撮ろうと思ったら、なんと、息子が、既にシャーベットに指をつけていた。。。

このデザートも美味しい。かなり大きいのだが、フレンチのデザートと違って繊細さは欠けるものの甘さ、重さもいい感じ。甘すぎない、重すぎない。



夫はチーズを選ぶ。
なんとこのチーズは、何種類選んでもいいらしい。




説明してくれた店員さんは、とってもエンターテイメントな人。

息子が飽きそうになったら、厨房近くに連れて行ってくれて、スプーン入れのお手伝いをさせてくれ、遊んでくれた。英語が分からない息子でも、黙々とスプーンとフォークを並べる。





こんなスィートも出してくれた。

↓ 最後には、「明日の朝に!」とホームメイドカップケーキをくれた。



初日から、カリフォルニア料理を堪能。

いろいろお世話になった店員さんは、最後、お店の外まで出てきてくれて、息子にバイバイをしてくれた。

ローカルな野菜やお肉、お魚、それにハーブやスパイス使用された料理もさることながら、やっぱり子連れの場合、子供が満足するかが気になるところ。

息子も満足、ママもパパも大満足でした!

ミニ情報、 このお店のバーカウンターは予約なしで入れます。

続く、、、


オーストラリアと自然療法 滞在記 2011秋

西国IR認定リフレクソロジーコース 

IMSI ザ インターナショナル メディカルスパ インスティテュート






 



IMSIのことが
気になる方はこちら

IMSIがお伝えする
世界の自然療法にご興味のある方、
まずは第一歩を踏み出してみませんか?

ゆっくり資料を読みたい方はこちら

資料請求をする

何から始めて良いか分からない方はこちら

無料ガイダンスに申し込む(来校・オンライン)

まずは気軽にメールで情報収集という方

メルマガ登録をする

お問い合わせ

受講についてのご相談や、自然療法について知りたいことなどがありましたら、ぜひ気軽にお問い合わせください

お電話でのお問い合わせ

0120-458-234

フォームでのお問い合わせ

いつでもお問い合わせください
ページトップ