嵯峨副学院長のブログ

2012.05.08

ブレインジムコース始まりました。

タッチフォーワールド(T4W)international week 2012実行委員長の嵯峨です。

昨日、ブレインジムのコースの初日でした。

遠く沖縄からいらして下さった方もいらして、
まず、それだけで感激いたしました。

脳と身体のコミュニケーションについて
今日のテーマは

● ポジティブな思考について、

それから、無理やり勉強するというような、

● ストレスがベースとなった学習状態と



ベストをつくす、という学習状態では

脳の使い方、結果にどのような違いがあるか?

というようなテーマを。また、

● 見る、読む、という能力について

体験をしながら進みました。

ブレインジムのワークでは、

自分の中に変化が起こっていくのですが、

それが、バーンという大きい変化と

とても微妙な変化、サトルで分からないようなものだけれど、

しかし、後になって、「はっと」気づくことなど、色々です。

私も自分自身の体験を通して、その両方をたくさん経験してきました。

「自分に気づく」

なかなか慣れないかもしれませんが、

昨日、終了時のひとコマ。

「今日の感想」をひとり、ひとり伺うシーンで、

このような、フィードバックがありました。

ブレインジムのワークをした本人は、

自分の変化について、どんなものか?なんとなくぼやけた感覚をもっているものの、

それを見ながらサポートしていた他の受講生の方が

「ブレインジムが奥深いもの感じがするのは分かったけれど、

○○ちゃんが、すごい変化していて、それに、本当にびっくりしました。

それをみていて、自分が変化することも楽しみになりました」

今回のコースでは、ズトーンと深いワークが始まった感じがします。

皆さま、自分自身の変化に興味をもっていらっしゃいます。

越えたい壁の多くには、その人、それぞれの歴史が関係しています。

サポートする私も、それを垣間見る度に、心がうたれ、感情がとても動きます。

その度に、インストラクター養成コースでお世話になったアメリカのパメラ先生のことを思い出します。自分の役割を再認識しながら、ブレインジムのワークを信じて進みます。

何も言葉もいらない、身体に触れる、動かすというワークを。

すこし、独り言が多くなりました。

今日は、オフィスワークの日です。

つもり重なった作業(笑)。

ありがたい気持ちで進めていこうかな?

ブレインジムは来週はコースの2日目。

皆さまと素敵な時間を過ごしていきたいと思います。


↓ これは、昨日の日経の朝刊。





陸上100メートル世界記録保持者、ジャマイカのボルト選手のルーツが書かれています。

父親の言葉、子供時代の親のサポートの仕方、それに関わったコーチのことが書かれています。

子供の能力に見いだして、それを伸ばすの親になりたいものですね。

スポーツ選手を例にブレインジム的な分析ができますので、授業で使おうと思っていましたが、
昨日は時間切れ。

次回に回します。

それと、これも↓

キッザニアを展開する事業の社長さんの話

彼は水球の元日本代表選手です。

学びの楽しさを引き出す、キッザニア。

まだ行ったことはないのですが、とても人気のある施設ですね。

作った人はどんな人なのだろう?と思っていました。

こちらも、また右脳と左脳、そして気づきの授業で触れたいと思っています。









IMSIのことが
気になる方はこちら

IMSIがお伝えする
世界の自然療法にご興味のある方、
まずは第一歩を踏み出してみませんか?

ゆっくり資料を読みたい方はこちら

資料請求をする

何から始めて良いか分からない方はこちら

無料ガイダンスに申し込む(来校・オンライン)

まずは気軽にメールで情報収集という方

メルマガ登録をする

お問い合わせ

受講についてのご相談や、自然療法について知りたいことなどがありましたら、ぜひ気軽にお問い合わせください

お電話でのお問い合わせ

0120-458-234

フォームでのお問い合わせ

いつでもお問い合わせください
ページトップ