嵯峨副学院長のブログ

2016.08.27

ブレインジム上級コース(OBO)コースのフィードバックから

コースでは、視覚、聴覚、腕、脚など、右と左にある身体の部位と
脳との関係を深く学びます。

●左右の発達と協調
●リードとサポートの意味
●左右の力を伸ばしていくときのポイント、
●ひとりひとりの支援の仕方

など、

 

とりわけ、左右については、色々な考え方が多いもの。

 

大切なのは、理論を学んで、その後の手法をどうするかというところ。

 

私自身は手法は、理論を軸に、アイデアが組み合わせること、

 

そして、実践では観察と体感に意識をはらうことで、

 

実践的にも、ピタッと、はまるんだと思います。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<フィードバック、一文>

☆ 前から気になっていたこと、、、ブレインジムの後では、

 

「外の雑音は聞こえるけど、やることには集中できる」
「趣味のダンスのとき、回転後にふらふらすることがない」
「腕時計をしても、手がきにならない」

など、で変化がありました。
外界や周りの環境が意外にもマイルドに感じました。

☆ 目と手の協調、手の手の協調、目と足の協調がエクササイズで改善することで
アスリートに使えそう。感覚との統合で学習障害のこどもに使えそう。

☆ 他の参加者の姿から学ぶことができ、理屈ではなく、体験し、変化を感じ、
カラダで覚えられたのが良かったです。

 

☆ 視点が広がったように感じました。自分についても、落ちついてみられるようになりました。

 

☆ 自分の脳の使い方の「くせ」が分かり、自分で意識的に統合できる体験ができました。

 

☆ ストレスのかかる状況を乗り越えることを目標にしたら、クリアできました。

 

☆ 効き側の脳チェック、目、耳、手足、について色分けしたのがわかりやすかったです。
101コースでも学びましたが、人の脳の働き方はそれぞれ違っているということ、

人の個性を理解しようという観点を持てるようになってきました。

 

☆ ブレインジムの後でリラックスして作業にとりくめた自分がいました。

右と左を統合することで、アタマは、ぼーっとしているけど、

行動は正確、動きがピッとあう体験が続きました。
「なんかしらんけど、上手くいく」ことが続いたので、今後も続けていこうと思いました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

自分の脳と身体のつながりは、

 

家庭でも、仕事でも、プライベートでも

すべてがつながっています。

 

だから、今回学んだことを

 

「ここぞっ」という時にも、

 

毎日の暮らしにも、

 

両方へ活用していただくことで

 

素晴らしい人生を築きあいたいな、と思っています。

 

次回のブレインジムは9月13日開講

http://www.imsi.co.jp/course/capacity/usa.html

 

月に1度、体験会開催中です!

http://www.imsi.co.jp/session/session_04.html

 

 

 

IMSIのことが
気になる方はこちら

IMSIがお伝えする
世界の自然療法にご興味のある方、
まずは第一歩を踏み出してみませんか?

ゆっくり資料を読みたい方はこちら

資料請求をする

何から始めて良いか分からない方はこちら

無料ガイダンスに申し込む(来校・オンライン)

まずは気軽にメールで情報収集という方

メルマガ登録をする

お問い合わせ

受講についてのご相談や、自然療法について知りたいことなどがありましたら、ぜひ気軽にお問い合わせください

お電話でのお問い合わせ

0120-458-234

フォームでのお問い合わせ

いつでもお問い合わせください
ページトップ