冨野学院長のブログ

2014.09.08

植物療法カンファレンス・BOTANICA2014 その①

ロンドンから飛行機で1.5時間。

 

アイルランドの首都・ダブリンにやってきました。

 

向かった先は、アイルランドの最高学府、ダブリン大学トリニティーカレッジ。

 

1592年にイギリスのエリザベス1世によって創設された、由緒と伝統のあるアイルランド最古の大学です。

 

DSCN1376

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCN1267

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCN1191

 

 

 

 

 

 

 

 

夏休み期間中は、学生寮が一般客にも開放されているのです。

 

このトリニティーカレッジで、世界最大規模の自然療法のカンファレンスBOTANICA2014が開催されます。

 

この方が、ESSENTIAL OIL RESOURCE CONSULTANTS所長、International Journal of Clinical Aromatherapy編集長のリアノン・ルイス先生。

DSCN1390

 

 

 

 

 

 

 

 

13年前、ガブリエルの学校のIFPAディプロマコースで学んでいた時、ガブリエルがクラスの皆を南フランスに連れて行ってくれたのです。

 

その時、南フランスで受け入れ先となってくれていたのが、リアノン先生でした。

 

精油についての科学的なリサーチを行いながら、情報の提供や教育活動を行っています。

 

ガブリエル先生が、「精油のクリニカルなデータについては、リアノンから学べ!」と、最も信頼を寄せている人物。

 

「リアノンの主催するカンファレンスBOTANICA2014 、とっても素晴らしいから是非来なさい!」と、ガブリエル先生に去年から言われていたのです。

 

今年も、世界39か国から参加者が集まる、インターナショナルでアカデミックなカンファレンスとなりました、

 

 

英国IFPA認定アロマセラピーディプロマコース 

IMSIのことが
気になる方はこちら

IMSIがお伝えする
世界の自然療法にご興味のある方、
まずは第一歩を踏み出してみませんか?

ゆっくり資料を読みたい方はこちら

資料請求をする

何から始めて良いか分からない方はこちら

無料ガイダンスに申し込む(来校・オンライン)

まずは気軽にメールで情報収集という方

メルマガ登録をする

お問い合わせ

受講についてのご相談や、自然療法について知りたいことなどがありましたら、ぜひ気軽にお問い合わせください

お電話でのお問い合わせ

0120-458-234

フォームでのお問い合わせ

いつでもお問い合わせください
ページトップ