冨野学院長のブログ

2022.02.22

『スピリットとアロマセラピー』著書・IFPA初代会長ガブリエル・モージェイ先生のオンラインコース開催します

2022年5月、IMSIにとって、待ちに待った「あの人」の国際オンラインコースを開催します。

英国IFPA創始者で、現在もアロマセラピー界をリードし続けるガブリエル・モージェイ先生です!

ガブリエル先生とは、私の恩師でもあり、人生を変えてくれた恩人。

現在のIMSIも、ガブリエル先生との出逢いがなければ、存在しませんでした。

居酒屋で一晩中語ることもできるくらい、たくさんの想い出話があるのですが・・・、少しだけガブリエル先生の話をさせてくださいね。

日本ではまだアロマセラピーが知られていないか、「OLさんのオシャレな趣味」くらいにしか思われていなかった20年以上前のこと。

黎明期の日本のアロマ界では「アロマはリラクセーションであり、病気をお持ちの方には禁忌」というのが常識でした。

「病気の家族のために、薬草療法を学びたい」と思っていた私は、少しガッカリしていたのです。

その頃、「ヨーロッパでは“セラピスト”という職業の人が、病院の中でホリスティックなケアを行っている」という噂を耳にして、思わず「ヨーロッパでセラピストになります♪」と宣言し、会社に辞表を出してしまった私。

「イギリスのプロフェッショナル・アロマセラピスト協会の会長さんのスクールが、ロンドンの大学の中にある」と聞いて、迷わずその学校に申し込むことにしました。

その会長さんが、ガブリエル先生だったのです。

 

初めてお会いしたガブリエル先生は、本当にもう後光が差しているというか、雲の上の人のようでした。

「アロマセラピストは、西洋医学の医師のように、病気を手術で切り取ったりはしないが、漢方薬の代わりに精油を使い、鍼治療の代わりに手でツボを刺激することで、東洋の伝統的な治療のように“体質改善”をすることができる」というのが、ガブリエル先生のアロマセラピーのセオリーでした。

「病気の人も、そうでない人も、ホリスティックにケアをする」という現在のIMSIにも通じるスタンスを教えてくれたのが、ガブリエル先生だったのです。

あんなに日本を離れたかった私は、ガブリエル先生との出逢いによって、180度変わりました。

「イギリスのアロマセラピーを日本に伝えたい!」という気持ちの方が大きくなったのです。

 

帰国後、セラピストとして活動しながら、英国IFPAアロマセラピーコースを運営し、2010年に初めてガブリエル先生を日本にお呼びしました。

ガブリエル先生の生涯のテーマである東洋医学とアロマセラピーの融合や、ツボを使った「アロマティックメリディアンマッサージ」など、「アロマ愛????」溢れるガブリエル先生の情熱的なトークと指導は、日本の受講生さんたちの心を惹きつけました。

そして、私がかつてイギリスで胸を躍らせた「東洋の伝統的な治療のような、ホリスティックなアロマセラピーアプローチ」が、日本のセラピストたちの間に広まっていく、確かな手ごたえを感じたのです。

コロナ禍では、なかなかガブリエル先生を日本にご招待することができませんでしたが、今だからこそガブリエル先生が伝えたいと願っている真のアロマセラピーを日本の皆様にお届けできること、とても嬉しく思っています。
 
もっとスキルアップしたいアロマセラピストの方、精油に秘められた効果をもっと知りたい方、東洋医学を学びたい方に本当におすすめの素晴らしいコースですので、ご興味がある方は是非ご参加ください。
 

英国IFPA初代会長 ガブリエル・モージェイによる国際オンラインコース『スピリットとアロマセラピー ~精油のエネルギーと東洋医学の五行説~』

詳細はこちらをご覧ください。

 

IMSIのことが
気になる方はこちら

IMSIがお伝えする
世界の自然療法にご興味のある方、
まずは第一歩を踏み出してみませんか?

ゆっくり資料を読みたい方はこちら

資料請求をする

何から始めて良いか分からない方はこちら

無料ガイダンスに申し込む(来校・オンライン)

まずは気軽にメールで情報収集という方

メルマガ登録をする

お問い合わせ

受講についてのご相談や、自然療法について知りたいことなどがありましたら、ぜひ気軽にお問い合わせください

お電話でのお問い合わせ

0120-458-234

フォームでのお問い合わせ

いつでもお問い合わせください
ページトップ