冨野学院長のブログ

2015.11.23

セルフケアにローズを使う贅沢

セラピストの皆さん、

 

セルフケアに、どんな精油を使っていらっしゃいますか?

 

 

私は、どんな精油も万遍なく大好きですが、

 

これまで、セルフケアでは、

 

肩こりや筋肉痛にはスィートマージョラム、

 

風邪やインフルエンザなど感染症予防にはユーカリやティートゥリー、

 

炎症症状にはラベンダートゥルー、

 

冷えた身体を温めるのにジンジャーなど・・・、

 

身体面に対する精油の使用に偏ってしまっていた気がします。

 

 

それが・・・、

 

今、人生で最もローズを使いまくっているのです!

 

赤い花_shutterstock_112513124

 

 生後2か月の娘と一緒にお風呂に入る時は、

 

さすがに精油をプンプンさせる訳にはいかないので、

 

お風呂上りに、顔にローズウォーターをプシュッと吹きかけるくらいに留めていますが、

 

 

週末、夫が娘をお風呂に入れてくれる日は、

 

念願の、一人っきりでのバスタイム~!

 

 

バスタブに、少量のホホバオイルとローズ精油を入れ、

 

更にクレイに、ホホバオイルとローズ精油を混ぜ、

 

ローズ風呂に入りながら、全身ローズパック!

 

それも、ブレンドせずに単品使いで!

 

まさに、バラ色のバスタイム。

 

贅沢~!

 

20150312_3b629d

 

自分でも、どうしてこんなにローズのスイッチが入ってしまったのか分からないので、

 

ガブリエル・モージェイ先生の著書を見てみました。

 

51WN38GX91L__SL500_AA300_

 

ローズの東洋医学的性質は、

 

「涼性」で「湿性」、五行では「火」。

 

「心の陰」と「肝の陰」を補ってくれて、

 

感情の中枢である神(しん)に働きかけてくれるのです。

 

 

効用としては、心身の熱を冷まし、不眠、不安、焦り、神経過敏、イライラを優しくなだめ、

 

信頼感、安心感、幸福感を抱かせてくれるのです。

 

 

ふむふむ、なるほど。

 

 

我が1日を振り返ってみると、

 

最も「陰」の強い夜の時間に、

 

授乳やらオムツ替えやらでドタバタしていて、明らかに睡眠不足、

 

確かに「陰」を消耗しているな~ という感じ。

 

 

更に、自覚症状はあまりなかったのですが、

 

自分の時間がなかなか取れないイライラや、

 

仕事に対する焦りなどもあるのかもしれません。

 

 

久しぶりに、鏡で自分の舌を見てみると・・・「ギャーッ! 舌先が赤い!!!」

 

東洋医学の舌診断では、

 

舌の先は身体の上部を表しており、

 

舌の根元のほうは身体の下部を表しています。

 

舌先が赤いのは、まさに頭部や心に熱を持っているというサインなのです。

 

 

正に、自分が必要な香りを欲していたのですね!

 

 

 

ちょっと高価な精油ですが、

 

「今贅沢しないで、一体いつするの!?」といった感じで、

 

ローズの香りに包まれております。

 

ありがたや~。

 

 

東洋医学とアロマセラピーの第一人者から直接学んでみませんか?

2016年2月12日~14日

IFPA初代会長・ガブリエル・モージェイ先生来日セミナー

https://www.imsi.co.jp/course/aroma/dynamic.html

 

東洋医学をやさしく・分かり易く学びたい方は是非こちらもコースにもご参加ください

2016年1月26日&2月9日

東洋医学とアロマセラピーワークショップ 陰陽五行・五臓六腑理論編

https://www.imsi.co.jp/course/culture/work_onmyou.html

 

 

IMSIのことが
気になる方はこちら

IMSIがお伝えする
世界の自然療法にご興味のある方、
まずは第一歩を踏み出してみませんか?

ゆっくり資料を読みたい方はこちら

資料請求をする

何から始めて良いか分からない方はこちら

無料ガイダンスに申し込む(来校・オンライン)

まずは気軽にメールで情報収集という方

メルマガ登録をする

お問い合わせ

受講についてのご相談や、自然療法について知りたいことなどがありましたら、ぜひ気軽にお問い合わせください

お電話でのお問い合わせ

0120-458-234

フォームでのお問い合わせ

いつでもお問い合わせください
ページトップ