冨野学院長のブログ

2019.05.21

子どものための自然療法スキンケア

自分が、アトピーで、アレルギー体質。

 

自然療法でムチャムチャ人体実験(笑)した結果、

花粉症は、ディエンチャンアロマでスッカリ良くなり、

アトピーのほうも、たまに症状は出るものの、

全く薬に頼らない状態になっています。

ホント、自然療法サマサマ♥です。

 

よく、「子どもにどんなスキンケアをしたら良いですか?」

と訊かれるのですが、

私は、自分が使っているものを、そのまま使っています。

シャンプー、ボディシャンプー、石鹸は使わず、

洗うのは、お湯またはクレイ、つまり自然療法用の粘土です。

(ちなみに、歯磨き粉も使わず、クレイです)。

 

そして、お風呂上りの鎮静には、芳香蒸留水。

今は、国産のポメロウォーター(ザボンの花の蒸留水)にはまっています。

超・いい香りです。

そして、乾燥が気になる部位があれば、少量のホホバオイルを。

IMSI ウェブショップでも扱っていますよ。

 

ホホバオイルにカレンデュラのドライハーブを浸して、浸出油も作っています。

オムツかぶれになった時に、重宝します。

・・・という訳で、

赤ちゃんには「ベビーシャンプー」とか「ベビーオイル」とか、

「ベビー何とか」と言われるものを、

わざわざ使わなくて良いのでは・・・? と思っているのです。

 

うちの子どもは、生まれて1か月以上NICU(新生児集中治療室)に入っていて、

周りのお母さんがお風呂に入れたりするのが目に入っていたのですが、

皆さん、一生懸命「ベビー何とか」を擦り込んでいるのを見て、

「うーん・・・・」と唸っておりましたよ

(「チョット、お言葉ですが・・・」なんて、口出す訳にはいきませんしネ!)。

 

幸い、子どもは今のところアトピーではなさそうなのですが、

東洋医学では、皮膚は肺&大腸の仲間!

 

たくさん外で遊ばせて、食べ物には気を付けて、

皮膚の頑丈な子に育てたいです!

ご自分やお子様がアトピー体質の方、是非色々とお話しましょうネ!

IMSIのことが
気になる方はこちら

IMSIがお伝えする
世界の自然療法にご興味のある方、
まずは第一歩を踏み出してみませんか?

ゆっくり資料を読みたい方はこちら

資料請求をする

何から始めて良いか分からない方はこちら

無料ガイダンスに申し込む(来校・オンライン)

まずは気軽にメールで情報収集という方

メルマガ登録をする

お問い合わせ

受講についてのご相談や、自然療法について知りたいことなどがありましたら、ぜひ気軽にお問い合わせください

お電話でのお問い合わせ

0120-458-234

フォームでのお問い合わせ

いつでもお問い合わせください
ページトップ