• 体験会はこちら(オープンキャンパス)
  • 資料請求はこちら
  • INSTAGRAM
  • facebook
  • twitter
IMSI TIMES World Communication Network
電話
大切な人のために世界の自然療法を学びたい人が読むブログ

2019.05.21

東洋医学で診立て、自然療法で施術をする

私の職業は「セラピスト」というものですが、

セラピーの手法は、たくさんあり、

そして、同じジャンルのセラピーであったとしても、

セラピストの考え方は、十人十色。

ですから、「私はこのようなスタイルでセラピーをしています!」

と説明しなければ、

何をしている人なのか、分かりにくいですよね。

 

私は、東洋医学で診立て、自然療法で施術をするセラピストです。

何故、東洋医学かというと・・・、

西洋医学が、人を解剖して、臓器ひとつひとつを調べて導き出された医学である一方で、

東洋医学は、生きている人間を、眺めたり、触ったり、質問したりして、体質を見極め、

その人が、自分の力でより健康になって、よりよく生きるよう、導いていく医学。

 

なんと、セラピストの仕事と、ドンピシャリなのです!

でも、東洋医学の施術と言えば、鍼灸や漢方薬の処方ということになってしまい、

限られた人しか行うことができません。

 

クライアントが、セルフケアでちょこっと行うにも、無理があります。

そこで、診立ては東洋医学で行い、

施術はアロマセラピーリフレクソロジーディエンチャン顔反射療法といった自然療法で行う、

というのが、自然と私の施術スタイルとして定着しました。

 

IMSIのディプロマコースでも、こういった考え方をベースに、

受講生の皆さまにお伝えしています。

 

ちなみに、アロマセラピーで扱う精油には、

漢方薬と同じ植物もいくつかありますし、

海外では薬局方に指定されている薬草も多くあります。

 

日本では、法律上「薬」ではないけれど、

質の高い精油を使て、心身の状態にベストマッチなブレンディングを行なえば、

しっかりと効果はあるものなのです。

「セラピストは東洋医学を学ぶべき!」という考え方は、

実は、セラピーの世界ではグローバルスタンダードになりつつあります。

 

南アフリカで国家資格のリフレクソロジーでは

授業のうち、東洋医学が半分を占めていますし、

イギリス、デンマークなど自然療法先進国でも、

自然療法のスクールで東洋医学を必修とするところが増えています。

 

「でも、東洋医学、難しそう・・・」と思っていらっしゃる方がいたら、

鏡を覗いてみましょう!

 

私たち、髪の色も、眼の色も、黒い・・・東洋人です!

私たちの祖先・古代の東洋人が行っていた、自然と調和した生き方、心の在り方の世界に皆さまをお連れしながら、

よりセラピューティックな自然療法をお伝えしていきたいと思っています。

 

IMSIでは、セラピストを目指す方のための国際ディプロマコースが続々と開講しますよ。

共に、多くのクライアントを癒していきましょう~!

 

 
ページトップ

Copyright © 2013 IMSI Corporation.All rights reserved.