• 体験会はこちら(オープンキャンパス)
  • 資料請求はこちら
  • INSTAGRAM
  • facebook
  • twitter
IMSI TIMES World Communication Network
電話
大切な人のために世界の自然療法を学びたい人が読むブログ

2019.08.02

夏のかゆみ対策と自然療法

8月に入りました。

それにしても、暑いですね~。

元々、夏が大好きな私。

若かりし頃は、高校野球の応援をしまくっていましたし、

ホーチミン市に留学していたくらいですから、

太陽が、大好きなのです。

 

だけど、1つだけ、大きな問題が・・・。

私のようなアトピー体質は、皮膚の状態が、とんでもなく悪化してしまうのです。

 

運動も好きだったのに、中学、高校時代は、学校指定のジャージに皮膚が擦れて、痒くて痒くて泣きそうでした。

 

「湿疹」と言いますが、まさに「湿」が大敵。

汗は、蒸発したがっているのですから、湿気によってそれが拒まれて、過敏な状態になってしまうのです。

 

さて、あれからウン十年?。

自然療法のセラピストとなった私。

 

相変わらずアトピー体質は変わらないのですが、自然とともに生きる術を学びました。

 

そうすると、かゆみとは、幼馴染の悪友?みたいな関係となってきました。

「撃退するもの」ではなく、「なんとか、うまく付き合っていくもの」になったのです。

今日は、私がふだん行っているかゆみの対策についてご紹介しますね。

 

まず、基本的には、かゆみは抑えません。

これを言ったら、驚かれるのですが(笑)。

 

だって、発熱したら、無理に解熱させてはいけないと言われますし、

下痢も、無理に止めてはいけないと言われますよね。

どうして、かゆみは無理に止めようとするのでしょうか?

 

多くの不快な症状は、私たちを懲らしめるために起こるのではなく、自然な身体の治癒反応。

かゆみも例外ではありません。

 

世の中の自然療法には「カッサ」や「吸い玉」のように、わざと皮膚を赤みを出すことで効果を挙げる療法もありますよね。

東洋医学の刺絡(しらく)のように、出血させる療法もありますし、

伝統療法では、蛭(ヒル)に血を吸わせる療法もあります。

 

ですから、皮膚を擦って赤くしたり、出血させたりするのも、身体の治癒のために必要なことなのです。

 

それに、かゆい所を掻くというのは、結構快感なのですよね。

掻きたいのであれば、無理やり止める必要はなく、身体からのサインとして、好きなだけ搔いて良いのです。

 

とはいえ、爪で掻いてしまうと、皮膚が掻き壊れて、ばい菌が入ってしまうことも。

そこで、ディエンチャンの様々なグッズを使うのがおすすめです。

ディエンチャン 背中用銅ローラー 円盤棒 ジョセフィーヌ コーム(小)

常に持ち歩いて、手ではなく、道具でポリポリポリ・・・と掻くだけ。

道具には陰と陽がありますが、陰のローラーをコロコロと転がすと、内にこもっている熱が外に発散されて、涼しくなり、相当気持ち良いのです。

お子さんも、大人も、「搔いちゃダメ!」ではなく「これで掻くと気持ち良いよ」と言う感じで、ディエンチャングッズを使ってみましょう。

皮膚のケアだけではなく、コリもほぐれて、よく眠れて、一石三鳥!

 

ディエンチャングッズはIMSI SHOPで購入できますが、まずは試してみたいという方は、オープンキャンパスに是非いらしてください。

 

とはいえ、勿論、発熱や下痢といった、比較的短期間で終息する症状とは違い、いつまで続くか分からないかゆみはやっぱり困りもの。

そういう時は、アロマジェルをつくって皮膚に塗布しています。

長年愛用しているブレンドは、鎮静作用、抗炎症作用のあるラベンダー・トゥルー、ゼラニウムに、清涼感のあるペパーミント。

アロエベラジェルに5% くらいの濃度(お子様は2%以下)に希釈して塗布すると、かなり凌げます。

酷い時は、このジェルを塗った上から保冷剤で冷やしたりもします。

 

もちろん、「薬を使ってはダメ」とは言いません。

家庭でケアしてダメだったら、西洋医学の力を借りましょう。

 

私がディエンチャンを学んだ時、先生に言われた言葉です。

「何か困ったら、まずは、家庭でケアを。

家庭のケアで治まらなかったなら、自然療法の専門家を訪ねること。

それでも治まらなかったら、やっと、薬を試すのです。

何でもカンでもすぐに薬というのは副作用もあって怖いことだと、ベトナムでは子どもにも教えています」

 

日本ではどうでしょう・・・?

何かあったらスグに病院に行き、効果がなければ別の病院に行き・・・、

ドクターショッピングを繰り返した挙句、自然療法を試しにやって来る方も多いのではないでしょうか?

 

まずは、家庭での手当てが一番重要!

日本でも、自然療法による手当がもっともっと普及すると良いですね~!

 

 

9月14日&15日のインガ・ドーガン先生来日ワークショップは、リフレクソロジストでなくても参加可能です。是非ご参加ください!

インガ・ドーガン来日「セラピューティック・リフレクソロジー」

「本当に効果のある世界の自然療法を伝えたい!」という想いの詰まったIMSIのオープンキャンパス(無料体験会)。

自然療法にご興味のある方は是非いらしてください!

アロマセラピーオープンキャンパスはこちらから

医療現場でアロマセラピーを活用したい方は、こちらをご覧ください。

メディカルアロマセラピーの現状

 

 
ページトップ

Copyright © 2013 IMSI Corporation.All rights reserved.