• 体験会はこちら(オープンキャンパス)
  • 資料請求はこちら
  • INSTAGRAM
  • facebook
  • twitter
IMSI TIMES World Communication Network
電話
大切な人のために世界の自然療法を学びたい人が読むブログ

2019.08.24

急な体重増加と自然療法(甲状腺のはなし)

セラピストとは、クライアントの「お悩み」をお聞きするのが仕事というようなもの。

これまで、とても多くのクライアントから「痩せたいんです~!」というお悩みを伺ってきました。

これは、女性にとっての永遠の悩みなのでしょうか!?

もちろん、みるみる痩せる秘密の魔法はありません(あったらコワイですね~)。

でも、健康的に美しい体型をキープするのに役立つ自然療法のケアは、たくさんありますよ!

 

今日は、ちょっと違った観点でのお話です。

 

「理由が思い当たらないのに、急に体重が増えた!」

「運動をしているのに、どんどん太っていく!」

そんな声を聞くがあります。

 

確かに、ストレスや更年期、運動不足など、太りやすくなる原因は様々ですが、

1週間に数キロなどの急激な体重増加であれば、

他の要因を考える必要があるかもしれません。

 

理由も分からない急激な体重増加の場合、

私はまず首の後ろをチェックします。

 

野牛肩(baffalo hamp)と言われる、首の後ろがお肉で盛り上がるような症状であったり、

そうでなくても、首の後ろが異常に冷えていたり、異常に固かったりする方がとても多いのです。

 

喉(ノドボトケの下くらい)には「甲状腺」という臓器があり、全身の代謝を司る「甲状腺モルモン」を分泌しています。

甲状腺の問題があると、慢性疲労や無気力、そして肥満などの症状が現れることがあります。

甲状腺の問題は女性に多く、「更年期」や「年齢のせい」と勘違いされてしまうこともよくあるのです。

 

胃が調子悪い時に、背中の中央が張ったりすることがあるのと同じように、

野牛肩(baffalo hamp)、首の後ろの冷えやコリなどは、

まさに甲状腺の不調を表しているのかもしれません。

何故なら、甲状腺のすぐ後ろが、まさに首の後ろなのですから。

 

病院での検査や治療が必要な場合もあるかもしれません。

必要な時は、現代医学のお世話になるのも良いでしょう。

(絶対に病院に行かない!というのがエライ、スゴイという訳ではありませんネ)

 

自然療法は、現代医学の治療の代わりにはなりませんが、

病院で検査しても数値には現れないような「未病」の場合(←こういう人、たくさんいます!)や、

必要な現代医学の治療と並行して行うことで、

素晴らしいサポートになることがたくさんありますよ!!

 

自然療法では、甲状腺に対して直接どうこうする訳にはいかないのですが、

まず、「首周りの気血の流れを良くすること」を目的にセラピーを行うことが勧められます。

 

アロマセラピーであれば、血行を促進し、代謝をサポートする精油を使いながら、

デコルテやネック&ショルダー周りをしっかりとほぐしてケアするのも良いでしょう。

 

ディエンチャンでしたら、諸々の道具を使って首の後ろを直接ほぐしたり、

首の反射区を利用するのも良いですね!

セラピューティック・リフレクソロジーでは、経絡を重視します。

何と言っても「首の後ろ」ですから「膀胱経」、

そして、甲状腺の問題に最重要なのは「胃経」と「脾経」!

これらの経絡をしっかりとケアしておくのがとても重要です。

足指であれば、第一趾(脾経)、第二趾(胃経)、第五趾(膀胱経)となります。

反射区を考えると、第一趾は首の反射区であり、第一中足趾節関節は甲状腺の反射区。

外反母趾がある方は、甲状腺からのメッセージかもしれません!

 

胃経や脾経が関わっているということは、

逆に言うと、食生活を工夫することだけで、随分と改善できる可能性があるのです。

 

定期的なセラピーと食生活の改善で、未病の内に解決できると良いですよね!

セラピストの皆様、クライアントさんの美と健康に貢献できるよう、しっかりと学びましょう♪

 

9月14日&15日のインガ・ドーガン先生来日ワークショップは、このようなセラピストによる病気や症状へのアプローチがタップリ学べます。

リフレクソロジストでなくても参加可能です。是非ご参加ください!

インガ・ドーガン来日「セラピューティック・リフレクソロジー」

「本当に効果のある世界の自然療法を伝えたい!」という想いの詰まったIMSIのオープンキャンパス(無料体験会)。

自然療法にご興味のある方は是非いらしてください!

アロマセラピーオープンキャンパスはこちらから

医療現場でアロマセラピーを活用したい方は、こちらをご覧ください。

メディカルアロマセラピーの現状

 

 

 

 
ページトップ

Copyright © 2013 IMSI Corporation.All rights reserved.