嵯峨副学院長のブログ

2010.05.28

サントリーニ島 スパ 建築様式

サントリーニ島は、崖が多いと、先のブログでも紹介しましたが、
街も、その、崖にそって存在するので、
ホテルもカフェも、ある独特な伝統建築様式があるのです。

その様式とは、ケーブハウススタイルとも呼ばれ、
崖が多い地形を利用した洞穴のような造りで、この地方独特の建築様式。

夏の厳しい暑さをしのいだり、
冬の寒いときには、熱効率を高めるのにも適しているとのこと。

私が利用したAvaton Spa Resortを例に、
写真でイメージををご紹介しますね。

スパ施設

①海やカルデラに面したプールとサンデッキ、
日光浴好きなヨーロピアンに、屋外プールは基本ですね!



② ケーブハウススタイルのジャグジー。天井にはカラーライトがあり、
赤、ブルー、グリーンとゆっくりと変化して、幻想的な雰囲気!



暗い?と思ったけれど、実際に入ってみると落ち着くのですね。

③ 奥にある青くみえる扉は、ギリシャと歴史的に関係が深い国、
トルコから伝わる、ハマム(ミスとサウナ)です。



④ セラピールームもケーブハウス風です。



写真の、奥、真っ黒なところが、ケーブハウス風シャワールーム。
バスタブとシャワーがついています。

IMSIのことが
気になる方はこちら

IMSIがお伝えする
世界の自然療法にご興味のある方、
まずは第一歩を踏み出してみませんか?

ゆっくり資料を読みたい方はこちら

資料請求をする

何から始めて良いか分からない方はこちら

無料ガイダンスに申し込む(来校・オンライン)

まずは気軽にメールで情報収集という方

メルマガ登録をする

お問い合わせ

受講についてのご相談や、自然療法について知りたいことなどがありましたら、ぜひ気軽にお問い合わせください

お電話でのお問い合わせ

0120-458-234

フォームでのお問い合わせ

いつでもお問い合わせください
ページトップ