嵯峨副学院長のブログ

2010.09.13

コロンリンクコース ホルモンへのアプローチ 初日 

今日はコロンリンクコースの初日です。

私はオーガナイザー兼、通訳で大忙しの、桂子先生に代わって、
コースのリポートをするごとく、会場係として聴講しています。

過去のコースで、ご一緒させて頂いた生徒さんにお会いできるので
それも楽しみのひとつ。

それでは、初日の様子を少々ご報告いたしますね。

コースの冒頭で、フェイシャルリフレクソロジー・創始者のロネ・ソレンセン先生が、

日頃のトリートメントをする際に、「内分泌系・ホルモンに不具合があるクライアントには、必ずコロンリンクを活用する」という話から始まり、

● 内分泌系は身体のバランスを保つに、実に多くの役割を果たしている。

● 世界中にある病気や不調は、その多くが内分泌系の不具合が関係している。

● 人間の生み出す感情は、内分泌系の働きに強く影響する。そして、怒り・恐怖など、感情にもいろいろの種類があるが、あまりにも強い刺激は、内分泌系に不具合を生じさせる。

と、本日のメインテーマが伝えられました。

午前中は主に理論が、

代表的な内分泌系の働きと、そのアンバランスから生じる、性格・性質パターンについての解説が行われ、それに対して、自然療法的、リフレクソロジー的アプローチを用いて、どのような変化が現れたか、という症例が紹介されました。

↓ 生徒さんより、ロネ先生へ質問タイム。テキストは副甲状腺のページ。



午後は理論の後、コロンリンクのデモ解説と実習が行われました。

↓ 内分泌系に刺激を伝えるウォーミングアップとして「大腸エリア」を細かくアプローチしているところ。



↓ 続いて、内分泌系の司令塔、下垂体のポイントを押さえます。



↓ その後、問題となる内分泌系のエリアへ働きかけます。
生徒さんも、真剣にメモを取られています。



↓ デモストレーションの後は、実践練習。
ロネ先生が見守る中、丁寧に練習なさっていました。



実技の後は、大腸と内分泌系のお話など再度、理論があり、
初日が終了しました。

明日は、足の実技が入る予定です!
楽しみですね。

ベビーマッサージやエクササイズを楽しもう!

自然療法の国際資格、スペインIR認定ディプロマコース
● フェイシャルリフレクソロジー
● 内分泌系(ホルモン)へのアプローチを学ぶ
● コスモアイ オーキュラーセラピーを学ぶ
● ニューロフット リフレクソロジーを学ぶ

IMSIのことが
気になる方はこちら

IMSIがお伝えする
世界の自然療法にご興味のある方、
まずは第一歩を踏み出してみませんか?

ゆっくり資料を読みたい方はこちら

資料請求をする

何から始めて良いか分からない方はこちら

無料ガイダンスに申し込む(来校・オンライン)

まずは気軽にメールで情報収集という方

メルマガ登録をする

お問い合わせ

受講についてのご相談や、自然療法について知りたいことなどがありましたら、ぜひ気軽にお問い合わせください

お電話でのお問い合わせ

0120-458-234

フォームでのお問い合わせ

いつでもお問い合わせください
ページトップ