嵯峨副学院長のブログ

2011.03.22

災害などのトラウマワーク 4つのブレインジムの方法

東北関東大震災のニュースをみながら、

被災地の厳しい現状に、心を痛めるばかりです。

先週、このブログでご紹介した、
トラウマケアにおけるブレインジムの報告ですが、

現在、日本教育キネシオロジー協会のサイトから
トラウマケアに効果的な4つのブレインジムの手法が
A4用紙にて印刷できるようになっています。

本来は、ブレインジムコースに通われる方や、
インストラクターからの直接セッションを受ける時などに
指導される必要がありますが、現在のところ4月15日までの期間、
どなたでも見ることができることになっています。

↓ 下の方にPDFファイルがあります。
http://www.edu-k.jp/information.html

IMSIの生徒さんの中には、ご家族・ご親戚・ご友人などで被災された方もいらっしゃると想定しまして、印刷して教室におきました。

また、3月31日の研究発表会は「ブレインジムと子育て」(無料)というテーマで予定しておりましたが、急遽、これら4つのブレインジムと、トラウマケアについての話も盛り込む予定にしました。

災害時に子供が感じる恐怖・喪失感・パニックは経過時間で消えると思われていますが、むしろ強くトラウマになって残るとも報告されています。

http://www.imsi.co.jp/seminar/free/braingym_childcare.html

ロシアの鉄道事故やスマトラ島の津波災害でのトラウマケアに対してブレインジムが有効であったことが報告されています。

自分が学んだこと、自分の専門が少しでも多くの方に役立つように、
努力したいと思います。

お時間・ご興味のある方、どうぞご参加くださいませ。

IMSI 
連絡先 03-5770-6818
http://www.imsi.co.jp/index.html


IMSIのことが
気になる方はこちら

IMSIがお伝えする
世界の自然療法にご興味のある方、
まずは第一歩を踏み出してみませんか?

ゆっくり資料を読みたい方はこちら

資料請求をする

何から始めて良いか分からない方はこちら

無料ガイダンスに申し込む(来校・オンライン)

まずは気軽にメールで情報収集という方

メルマガ登録をする

お問い合わせ

受講についてのご相談や、自然療法について知りたいことなどがありましたら、ぜひ気軽にお問い合わせください

お電話でのお問い合わせ

0120-458-234

フォームでのお問い合わせ

いつでもお問い合わせください
ページトップ