嵯峨副学院長のブログ

2011.07.20

なでしこJAPAN W杯優勝

サッカーで世界一になるなんて、
こんなことが起きるのでしょうか?

スポーツをしていた人、もちろん、サッカーをしていた人ほど驚く、この快挙に
日本中が元気づけれられていますね。

まだ読んでいなけれど、私が次に読みたい本は、
やはりこれです。 



http://www.amazon.co.jp/%E3%81%AA%E3%81%A7%E3%81%97%E3%81%93%E5%8A%9B-%E3%81%95%E3%81%82%E3%80%81%E4%B8%80%E7%B7%92%E3%81%AB%E4%B8%96%E7%95%8C%E4%B8%80%E3%81%AB%E3%81%AA%E3%82%8D%E3%81%86%EF%BC%81-%E4%BD%90%E3%80%85%E6%9C%A8-%E5%89%87%E5%A4%AB/dp/4063787133/ref=pd_cp_b_1

今まで世界のトップアスリートを育てた指導者はいますが、女子の団体種目を指導して結果を出している男性は少ないですよね。特に最近は。

女性は、動物学的には、男性と全然違う生き物。

体調は月のリズムに左右されやすい。
受容性があり、共感・感情表現も豊か。
夢もあるが、現実的な面で、根性が据わっている。

いろいろな部分で男性とは異なることがありますから、男性を上手に指導できるからといって、女性を上手に指導できるとは限らないのですよね。

女性アスリートのコンディショニングは、いろいろな要素を加味する必要があるので、そうシンプルではありません。

澤さんのリーダー力や存在力は、チームにおいて絶大だったと思いますが、力が上手の相手を目の前にしても、あきらめないでチャンスを作りきれるチーム、精神力と集中力をうまくまとめた監督の手法を見てみたいと思います。


触れることで世界とつながる一週間


TOUCH FOR WORLD International Week 2011


英国・ベトナム・南アフリカ・日本


豪華ゲストが統合医療と自然療法について語る


第一回世界自然療法シンポジウム


2011年もIMSIでしか受けられない国際コースが盛り沢山


ガブリエル・モージェイ来日特別セミナー


ベトナム式顔ツボ療法・ディエンチャンディプロマコース


自然療法が国家資格の国・南アフリカより初来日!


インガ・ドーガンによるセラピューティック・リフレクソロジー


東京・表参道の自然療法の国際総合学院


IMSI ザ インターナショナル メディカルスパ インスティテュート

IMSIのことが
気になる方はこちら

IMSIがお伝えする
世界の自然療法にご興味のある方、
まずは第一歩を踏み出してみませんか?

ゆっくり資料を読みたい方はこちら

資料請求をする

何から始めて良いか分からない方はこちら

無料ガイダンスに申し込む(来校・オンライン)

まずは気軽にメールで情報収集という方

メルマガ登録をする

お問い合わせ

受講についてのご相談や、自然療法について知りたいことなどがありましたら、ぜひ気軽にお問い合わせください

お電話でのお問い合わせ

0120-458-234

フォームでのお問い合わせ

いつでもお問い合わせください
ページトップ