嵯峨副学院長のブログ

2011.12.05

乳製品、卵を使わないお菓子

シンポジウムが終わって一週間。

先週からはセラピーのお仕事に戻りました。

先週はディープティシューや股関節ワーク、お腹周りのアブドミナルテクニックなどのボディワークの授業が続きました。

お腹といえば、冬になると、寒さのせいか?
代謝が悪くなるからか?

肉がつきやすくなりませんか?

私ですが、スタッフには、あまり知られていませんが、
ほっておくと、すぐに肉がつくタイプ。

注意しておかなければいけませんが、

最近、とても甘いものが好きになってしまって、
お菓子をドンドン作ってしまうのです(笑)

オーストラリアに出る前の準備勉強で市販のお菓子の添加物について、いくつか本を読んだことや、実際に現地で、オーガニック食材のスィーツやデイリーフリーや、グルテンフリーの手作りスィーツをたくさんトライアルしたことで、すっかり甘いものに目がなくなってしまった私。

現代社会では、完全に添加物を避けるというのは難しい。。。
無理に避けようとすると、人づきあいの面でもストレスがかかることも。

ということで、まぁ、家の中にいる時は、

「ママの好きな材料で手作りがいいかなー」と思っているのですね。

先日、図書館で借りた本をみて、適当に作ってみたのが

● キャロッブを使ったカカオ風タルト

● 豆腐のチーズ風ケーキ



使ったのは、



木綿豆腐



広島のレモン



コクだしに、白みそ



はちみつと一緒にミキサーへ。

焼く前にプルーンをちぎって入れてました。

● 抹茶のタルト





適当に混ぜたら、ダマになったけど、気にしない気にしない。
抹茶好きな息子は、「ママレモン入れすぎ!まぁまぁかな」なんていわれました(苦笑)

● ゴマプリン



ゴマ、豆乳、粉寒天、本くず、甜菜糖を使った卵と牛乳を使わないデザート。
週末、久しぶりに家族そろっての食事で鍋をしたのですが、鍋後の冷たいデザートとして、息子と一緒に作りました!

これは上手くいった。しかし、ヘルシー過ぎ?物足りなさで、洋ナシも食べました。。。

● 甘酒を使ったホームベーカリー



使用したのは、通常のレシピ(本にあるような)に、
酒粕50gと緑茶、ハト麦を入れるレシピ。

出来上がりを、冷ましていたら、我が家の子ネズミさんがいるようで、
3か所からかじられていて、ビックリ。

いい香りがしていたのでしょう。。。

全て、乳製品、卵を使わない方法で、豆乳やお豆腐、砂糖の代わりに、はちみつ、メープルシロップ、素材の甘みを使ってみました。

あっ、ただ、はちみつやメープルシロップや高いので、甜菜糖やオーガニックの黒砂糖とかも使っていますけどね。

そのほか、IMSIスタッフ用にバナナTOFUケーキやスィートポテトも作りました。

皆、結構、簡単にできます。

お菓子好きなお子さんをお持ちの方は、

というか甘い物好きなママさん、

図書館に行くと、たくさん本がありますので、
ちょっと試してみてもいいですよ。

この手のお菓子はバターと砂糖、卵を正確に測ってタイミング良く行う西洋お菓子と違って、ちょっと分量が違って、目分量でも、たいてい失敗がないし、素材感あって、美味しいものです。

子供と一緒に作るのにも、むいていますしね。

さて、次はお菓子作りの影響を受けた、オーストラリアでの話、あと少し、残っていますので、また書きたいと思います。

オーストラリアと自然療法 滞在記 2011秋

TOUCH FOR WORLD International Week 2011

第一回世界自然療法シンポジウム


IMSI ザ インターナショナル メディカルスパ インスティテュート

IMSIのことが
気になる方はこちら

IMSIがお伝えする
世界の自然療法にご興味のある方、
まずは第一歩を踏み出してみませんか?

ゆっくり資料を読みたい方はこちら

資料請求をする

何から始めて良いか分からない方はこちら

無料ガイダンスに申し込む(来校・オンライン)

まずは気軽にメールで情報収集という方

メルマガ登録をする

お問い合わせ

受講についてのご相談や、自然療法について知りたいことなどがありましたら、ぜひ気軽にお問い合わせください

お電話でのお問い合わせ

0120-458-234

フォームでのお問い合わせ

いつでもお問い合わせください
ページトップ