嵯峨副学院長のブログ

2012.02.06

カリフォルニア ソノマ ヒールズバーグへ

今日から京都出張です。

コスモフェイシャルやフェイシャルリフレクソロジー、関西スケジュールが開講しました。
卒業生は、途中からの入校、まだ間に合いますので、お気軽にお問い合わせくださいね。

このブログでは、引き続き カリフォルニアの滞在記を。

サンフランシスコからソノマカウンティ、ナパヴァレーを子連れでの旅の様子です。

前日までに、パパさんは、タップルートファンデーション(サービスグラントでのプロボノモデルとなった米国の団体)への訪問を済ませ、残りの3日間は、家族での時間を「ゆっくりとろう!」という試みです!

日頃は、ママとパパで交代で育児、パパは出張が多いので、家族で一緒に時間を過ごす機会があまりとれません。

なので、今回は、とっても貴重な時間。

息子も、出発前から、

「ママとパパと一緒?3人?」

と何回も確認しては、ホッとしている感じ、嬉しそうにしていましたっけ。

さて、3日目の様子です。

サンフランシスコから101号で北上。カリフォルニアワインの生産が盛んな地域、ソノマカウンティのヒールズバーグを目指します。

天気予報では、旅の残りの3日間は雨らしい。それも80%。

ということで私は、雨のカントリーサイドに、4歳の息子が楽しめる場所があるかな?と、微妙に、サンフランシスコに残ることが頭をよぎりましたが、パパさんの意見で、

「いやぁ、とりあえず、田舎にでよう!」となりました。



ところで、ソノマやナパヴァレーと言っても、私も夫も、ワイン通でも、ワイン飲みでもありません。

うんちくも、さっぱり???です。

でも、ブドウ畑をみたり、美味しいものがある。以前に来た時、雰囲気が良かった!この地域のドライブは楽しめるのではないか?という、パパさんのアドバイスで、事前に、ワインカントリーのことを調べていたのです。

WEBでは、意外や意外。日本語検索では、あまり情報が上がりません。

いや、上がっているのですが、圧倒的に数が少ないのです。それは、ソムリエ日記だったり、ワインライターだったり、仕入れ人だったり、ブドウや、ワインのことが、オタクというか、、、詳しく書かれているものがあるのですがね、、、。

でも、中でも、ちょっと気になる言葉があり、それは、

何やら、オーガニック、ローカルフード、スパという言葉が目につきます。

自然療法を行う私も、とっても楽しめそうな内容が、でてくるではありませんか!?



カリフォルニアワインの聖地 ソノマ、ナパには、ワインナリーが点在していることや、また、それに付随して食の地産地消の動き、オーガニック農法なども行われていて、アメリカでも屈指のグルメな地域と言われます。

ワインカントリーならではの、大人のリゾートとして、どの地区にもスパの併設も多く、地域によっては温泉が湧きでるエリアもあります。

ローカルウエブサイトに目を通すと、これまた、マーケット情報があったりして、とても興味深々に!

その中でも、特に興味を持った場所が、ヒールズバーグという場所なのです。

雨の中、サンフランシスコのホテルをチェックアウト。

レンタカーにのり、101号でゴールデンゲートブリッジを渡り、北上、サウサリート方面へ。

途中、サンタローザを通り、更に、ヒールズバーグまで北上しました。

3時間くらいして、ヒールズバーグに到着。

最初に、ホテルを探します。この日は、予定が決まっていなかったので、ホテルの予約はしていませんでしたが、ある程度候補は絞っていました。

ワインカントリー、故か?子供をお断りのB&Bやホテルが多いのですね。。ということで子供OKの場所、





「Healdsburg inn」
 
空きがあったので、ここに決めました。中を見せてもらって、となりと続きでない独立した部屋を選びます(これもKIDS対策。笑)

当日空いていれば、半額近いOFFがあり、ラッキーでした。
(あっ、ちなみに、この地域は、ハイシーズンでは、早めの予約がお勧めです)




お腹がすいたので、外に出て、ランチを。



「オークビル グローサリー」



ローストダックを頼んだのですが、2人分でこんな大きく、ビックリ。



ひとつで、シェアしても良かったかな?と思うほど。このグローサリーには、珍しい食材や、ローカルデリなどもあり、シーズンの時は、ここでランチをかって、ワイナリーでピクニックなども良いかもしれませんよ!

食後、雨が強くなって、パパさんと息子はホテルに帰って遊ぶことになりました。

私は、傘をさして、この街を見学。

息子のレインコートと長靴探し、そして、今晩の夕食の場所をみつける役目も。

街の中心、タウンスクエアの近くに、面白いセンターがありました。

ヒールズバーグアートセンター



ちょっと覗いてみることに。





NPOの団体のようです。

この地域の子供たちのアート教育をしている団体。

ギャラリーには、近所の小学校の子供たちが作った作品が、たくさん並べられています。







学校別で、







年齢もいろいろ。

息子と同じくらいの年齢の子の作品も。



カラフルで、外は大雨だったけれど、気持ちが、ぱっと明るくなりましたよ!



学校以外の場所で、このような作品を見られるような場所があると、なんとなく、大人も自然と目にする機会があって面白いなと感じます。



↑ このギャラリー専属のアーティスト、教育者もいる様子。
担当のネームカードがありました。

このセンターの情報はこちら↓



センターをでて、街を、ぐるぐると歩きます。



とにかく、ワインテイスティングのお店が多いこと。多いこと。

このヒールズバーグは、レンタカーが無い人でも、街の中でワインテイスティングが楽しめる場所なのです。それと、レンタカーだと、運転手は飲めないですよね。。。。

途中、有名なコーヒーショップやベーカリー
(この雨でも混んでいたのでビックリ!)



カリフォルニアで常に上位にランクすると言われるレストラン、

「サイラス」や、

楽しい感じのシーフードバーやワインバーなど、キョロキョロとチェック。

ワインカントリーならではの、ワイン小物やキッチン商品のお店もあります。

私は、初日から気になっていた「バンブーまな板」を購入。

こんなに可愛いカップケーキ屋さんも。



豪州もそうでしたが、カップケーキは流行っていますね。

そして、レインコートを探し求めて歩いていたところ、中心から少し外れたところに、偶然にして

オーガニックカフェを見つけました!


お店に入って聞くと、夜9時までやっているとのこと。

全部オーガニック、ローカル調達というコンセプトと広いスペース。

とっても気に入り、ここを夕食の第一候補としました!

・・・・

ホテルに戻ると、息子は電車のおもちゃを買ってもらったらしく、それで、ずっと遊んでいたようです。

夕方、お店が閉まらないうちにと、今度は3人でレインコートと長靴を買いに行きました。

子供のサイズは、ママと言えども、よく分からないので、下見だけにしておいたのです、、、

さて、本人が、選んだのはこちら。



消防車をイメージする真っ赤なタイプ。



このレインコート重いのですよね。
日本では、まったくもって、売れなそうタイプ(笑)

VERY アメリカンな感じでしたが、記念にと、これに決定!

しかし、来てみると、とても暖かくて、雨もしみこまない。

便利でした!

これから、オーガニックカフェに向かいます。

続く、、、

オーストラリアと自然療法 滞在記 2011秋

西国IR認定リフレクソロジーコース 

IMSI ザ インターナショナル メディカルスパ インスティテュート

IMSIのことが
気になる方はこちら

IMSIがお伝えする
世界の自然療法にご興味のある方、
まずは第一歩を踏み出してみませんか?

まずは体験してみたい方はこちらから

オープンキャンパスに申し込む(来校・オンライン)

ゆっくり資料を読みたい方はこちら

資料請求をする

何から始めて良いか分からない方はこちら

ガイダンスに申し込む(来校・オンライン)

まずは気軽にメールで情報収集という方

メルマガ登録をする

お問い合わせ

受講についてのご相談や、自然療法について知りたいことなどがありましたら、ぜひ気軽にお問い合わせください

お電話でのお問い合わせ

0120-458-234

フォームでのお問い合わせ

いつでもお問い合わせください
ページトップ