嵯峨副学院長のブログ

2012.05.16

ロンドンオリンピック代表が続々決定

タッチフォーワールド(T4W)international week 2012実行委員長の嵯峨です。

週末は、スポーツの各種目で次々とロンドン五輪の代表選手が決っていますね。

体操では、田中3兄弟が選ばれたり、

バトミントンンはスエマエコンビが北京に続いて代表に。

色々なドラマが日々、新聞に書かれています。

マラソンのねこさんや、ボクシングのことも。

そして柔道。

メダルなければ、それも、金でなければ祝福されない種目は
柔道だけですね。

世界で3位だってすごいことなのに、
この種目だけは、「ふーん銅メダル。。。」となってしまうので
選手も、そして指導者も大変だと思います。

それだけ、日本の柔道にかけるメダルの期待も大きい。



女子の48kg級は福見選手に。
世界選手権2年連続金の浅見選手は、代表を逃しました。

52kg級も2強がぶつかる試合で、勝っても、負けでも両者が涙。

新聞を読むだけで涙で、うるうるしてしまいました。

さて、

自然療法でスポーツ選手のサポートをしている
オーストラリアのキラ・サザランド氏の来日セミナー受付が、
もう少しで始まります!

WEBでのご案内はこちらに。

http://t4wintlweek.com/2012forum.html
http://www.imsi.co.jp/course/hw/healing_work_top.html


どうぞお楽しみに!






ナチュロパス、ニュートリショニスト、ハーバリスト 


国際オリンピック委員会スポーツニュートリションディプロマ取得。
自然医学の大学 Nature Care College(オーストラリア、シドニー) ニュートリション科 主任講師。 Uberhealth 主宰。

専門はスポーツニュートリション、ナチュロパシーなどの自然療法を用いたアスリートのサポート。大会前のコンディショニングから日常トレーニング期のアドバイス、免疫のサポートなど細かいケアでプログラムを処方する。

ナショナルレベルの選手など男性のクライアントも多いが、貧血や月経問題など女性特有の課題を得意としている。一児の母として育児をする傍ら、大学での指導、ナチュロパシー、ニュートリションにおける執筆活動、臨床データの積み重ねをしている。現役トライアスロンアスリート。

また、アストロロジー(占星学)としての専門家の顔をもつ。アストロロジーに身体の部位、器官、内臓、内分泌を系を関連付けた「メディカル・アストロロジー」に自然療法(フラワーエッセンス、ハーブ)栄養療法(ビタミン、ミネラル、食物)を組み合わせたプログラムを行う。

メディカルアストロロジー、不妊とアストロロジーやなど国際カンファレンスでの講演活動も多い。
今回が記念すべき初来日。








 

IMSIのことが
気になる方はこちら

IMSIがお伝えする
世界の自然療法にご興味のある方、
まずは第一歩を踏み出してみませんか?

ゆっくり資料を読みたい方はこちら

資料請求をする

何から始めて良いか分からない方はこちら

無料ガイダンスに申し込む(来校・オンライン)

まずは気軽にメールで情報収集という方

メルマガ登録をする

お問い合わせ

受講についてのご相談や、自然療法について知りたいことなどがありましたら、ぜひ気軽にお問い合わせください

お電話でのお問い合わせ

0120-458-234

フォームでのお問い合わせ

いつでもお問い合わせください
ページトップ