嵯峨副学院長のブログ

2012.12.22

親子でブレインジム&エクササイズ

3連休の初日の東京地方は大雨ですね。

今日は午前中に「親子で楽しむブレインジム&エクササイズ」

午後に「スポーツ分野におけるとブレインジム&エクササイズ」

の体験セミナーです。

限りあるスペースを工夫して、おもちゃの場所、画用紙の場所、椅子の位置、関連書籍を並べて準備します。

子供は自由な生き物。

子供に出会う度に、新しい発見します。

遊びも、内容も、子供が先生です。

教室作り方も、子供の動きを観察すること、感じがつかめます。


 



今日は2組の親子さん。
お子様の年齢はそれぞれ、4歳と、6歳。

さて、ブレインジムは、世界各国で学習障害、発達障害など、チャレンジをもったお子様に使われているプログラム。その効果が評判をよび、国内でも学校や病院、児童教育の専門家や医療関係者が学び、取り入れられるようになってきました。

ということもあって、コースや体験会、セッションでは事前に

「うちの子は発達障害のボーダーと言われているのですが、他の方一緒で大丈夫ですか?」
「じっとしていられないのだけれど、参加してもいいでしょうか?」
「他の方の年齢ですか?何人くらいの方が参加しますか?」

というような質問がよくあります。

お母様も、日頃意識し続けていることなのだろうな、と感じ、

「ママさんが、心を落ち着かせて、リラックス、安心できる場所と環境」が必要だなー

と思います。

今日もお一人は、お子様の発達を気にかけるママさんがお見えに。



↑ 今日の遊び道具






お母様にブレインジムやエクササイズを試して頂きながら、お子様も途中
時々、参加のスタイルでした。

お子様が変化する瞬間、モチベーションが上がるタイミング、
参加されたママさんは、そんな発見を見逃さす得ていらっしゃいました。

ママ(パパ)が子供の発達のこと、
成長や能力発揮の経過において、

世界でたった一人だけのパターをもっている、

それを知る観察力とチャンスを得られたら、
どんなに素敵なことでしょう。

なぜかというと、結果や、できる、できない、という世界よりも
学んだ瞬間を共に感動し、励ましてあげることができるからです。

そういう人が増え、集団が増えると、きっと社会にも影響してくるのでは?
そう望んでいます。

「子育ては、最高の学びの場」とも言われますね。

かくいう私も、日々、子供の様子を見ながら、日々成長中。

・・・・

今日もママさんといろいろなお話を。

毎日の生活、遊び、育児、ご飯をたべて、寝るまで、
様々なシーンに子供の成長と変化が観察できます。

そんなシーンを観察、発見して、脳のエクササイズにつなげていく基本をお伝えしました。



これは、学校で子供たちに教えるブレインジムのコース教本より。

今日は、これを変形して、モールを使って行いましたよ!

さて、午後は、スポーツ!

がらっと、テーマが変わります。

技術獲得やパフォーマンスの向上、
ストレス管理、
集中力や一発奮起のメンタル力、
などなど

超アスリートからエンジョイスポーツまで、参加される方のテーマに合わせて
ご紹介する時間です。
 
スポーツには、こだわりが。熱くなります。

ふふふ。

嵯峨ワールドをお楽しみ頂きましょう。





自然療法の国際総合学院 IMSI












米国キネシオロジー財団認定ブレインジムコース↓
http://www.imsi.co.jp/course/bw/braingym_course.html 
(次回コース、募集はあとお一人に!)


IMSIのことが
気になる方はこちら

IMSIがお伝えする
世界の自然療法にご興味のある方、
まずは第一歩を踏み出してみませんか?

ゆっくり資料を読みたい方はこちら

資料請求をする

何から始めて良いか分からない方はこちら

無料ガイダンスに申し込む(来校・オンライン)

まずは気軽にメールで情報収集という方

メルマガ登録をする

お問い合わせ

受講についてのご相談や、自然療法について知りたいことなどがありましたら、ぜひ気軽にお問い合わせください

お電話でのお問い合わせ

0120-458-234

フォームでのお問い合わせ

いつでもお問い合わせください
ページトップ