嵯峨副学院長のブログ

2013.06.19

自然医学、レメディを取り入れている西洋医学のお医者さん

この4月は、5月は頭の中は仕事の言葉ばかり考えていたものです。

というより、自動的に仕事の時間が多くなると、電車の行き帰りも

つい、スマホをのぞきこむわけ。

よくないことは十分承知で。

5月後半から、6月は、息子の変化、体調が不安定に。

今、小学校に入ったばかりの子どもが大チャレンジを迎えています。

ということで、

今まで以上に、子どもの成長を考えています。
そして、

今まで以上に、ブレインジム、自然療法、原始反射のワークを使っています。

そして、私の身にも、「気づき」がたくさん。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、今日は、

セラピストから見た、西洋医学の医者について、

自分の体験もふまえて、書いてみたいと思います。

最近、いろいろ助けられていられるな、と感じる医師の話について。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私の今のような仕事をしていると、

自然療法で資格を取りたい方は

「私、メディカル分野で働きたいのです」
「病院の中で働きたいのです」

と言われる方が多いです。

確かに、医療現場で働きたい人が多いのですが、

実際に、本当に、本当に自然療法的な考えを実践している医師は、ものすごーく数が少ないと思います。

調査しているわけでもないし、している人も、日本にはいないだろうから、「思う」にしていますが。

そもそも、西洋医学的なアプローチと自然療法で考えるアプローチが違うし、

社会の中で役割も違いますからあ、一人の人間がこれをひとつに混ぜて、一緒に考え、行動する、というのは珍しいでしょう。
クリニックの中に、別々の場所があって、別の専門家が働いているケースはあります。

たとえば産婦人科でアロマをしているとか、

心療内科でタッチセラピーが受けられる、とかハーブが売っているとか、

このような例でも、医者が直接アロマをするとか、ハーブを処方することは少ない。

(もちろん、存在はするが)

さて、私がこのところ親子で使っているクリニックの先生は

自然医学なども行うお医者さん。

いつも、目も、身体も、こちらに向けて、よーく話を聞いてくれたあと、選択肢をくれる。

西洋医学的なチェックをしたうえで、治療法も説明する。

漢方だったり、自然療法的な処方の説明もしてくれる。

人智学を中心にしていて、レメディと呼ばれるものを処方してくれることもある。

会話はこんな感じです。

・・・・・・・・・・

「はい、お母さん、ここから、選択肢があります。ひとつはこれ。・・・。この▲▲(病気の名)は、一般的にペニシリン系の抗生物質を使うことが多い。これだと、▲▲こんな感じで治っていくかな?

でも、僕のところに来るという人は、違う方法を求めている人も多いので、違う選択肢としては、こう。

抗生物質よりは、変化がゆっくり現れます。ゆっくり身体をやすめてね・・・・。でも、尿検査などをして、進行している、ということが分かる時には、そこから西洋医学の薬を使う選択肢もありますよ」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「はい。これがレメディ」

「説明書はこれです。飲み方は、、、、、。」

「何か質問はありますか?何かあったら、また教えてくださいね」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こんな感じで会話が進む。

医者と話すときに患者が知識を持っていなくても、楽に話ができる、

会話にまったくプレッシャーを感じさせない、プレッシャーをかけない、雰囲気を出している。

その雰囲気は、特に子どもは敏感に感じとって、

すぐ、その場所に安心を感じるよう。

この先生のクリニックでは、アートセラピーやブレインジムも取り入れられています。

これらの療法は、ドクターが指導するわけではないが、

カウンセリングにしっかり入って、様子を確認している。

日頃、自然療法の仕事をしている私には、あまりに心地が良いクリニック。

息子も時々、ここでブレインジムやアートセラピーを受けて、

私も一緒に過ごしているのです。

時には、親子でなくてね。

ブレインジムインストラクターでもある、息子も大好きなお姉さんに任せるのも、ひとつ。

・・・・・・・・・・・

ブレインジム認定コース
http://www.imsi.co.jp/course/bw/braingym_course.html

新企画 コラボセミナー

セラピストのための栄養学 食べるサンスクリーンと代謝性老廃物の排出
http://www.imsi.co.jp/seminar/fukuchi_sunscreen.html

明日を夢見る子供たちへ 
免疫、アレルギー、発達障がいと第2の脳、腸管を整える食生活
http://www.imsi.co.jp/seminar/fukuchi_allergy.html

自然療法の国際総合学院 IMSI

IMSIのことが
気になる方はこちら

IMSIがお伝えする
世界の自然療法にご興味のある方、
まずは第一歩を踏み出してみませんか?

まずは体験してみたい方はこちらから

オープンキャンパスに申し込む(来校・オンライン)

ゆっくり資料を読みたい方はこちら

資料請求をする

何から始めて良いか分からない方はこちら

ガイダンスに申し込む(来校・オンライン)

まずは気軽にメールで情報収集という方

メルマガ登録をする

お問い合わせ

受講についてのご相談や、自然療法について知りたいことなどがありましたら、ぜひ気軽にお問い合わせください

お電話でのお問い合わせ

0120-458-234

フォームでのお問い合わせ

いつでもお問い合わせください
ページトップ