• 体験会はこちら(オープンキャンパス)
  • 資料請求はこちら
  • お仕事のご依頼はこちら
電話
笑顔で、自分らしく、貢献していくために

2013.12.06

来週は小学校での授業にブレインジムを!より深めるための先生と話し合い

昨日は区立小学校へ。
来週に行う3年生への授業で、ブレインジム先生を担当いたします。

2時間続きの図工の時間を使って3年生の3クラス分を行います。

当日、担当する主任教諭の先生と打ち合わせ。

朝はあわただしくママ仕事済ませ、
ココナツのケーキを焼いて、息子からリクエストあったカカオパンを準備。

そして、午後、学校へ到着。

校長先生から頂く依頼書には

内容:「ブレインジムを用いた学級における集団づくり 他」
対象:「第三学年」(学級単位で実施)

などとありました。
担当の先生に提出した書類の中から、学校側から選ばれた言葉を大切に。

先生とは流れと具体的な内容を相談しました。

以下のような目的も加味してすすめることになります。

○ 子供たちの自由で自然な動きを発見すること(子供自身、教師)。
○ 得意、不得意、劣等感が刺激されない動きやワークで脳を刺激していくこと。
○ 言語脳(左脳)に偏りすぎず、別のエリアを刺激する時間とすること。
○ 子供も教師も記憶しやすいものを選ぶ。
○ 自身のペースで行うワークと、集団の中で行う体験を両方取り入れること。

具体的な流れは、以下のような流れで予定しています。

1) ウォーミングアップ 
脳と体のコミュニケーションを感じ、動きに触れる時間と作ります。

2) A 色と形を使ったワーク(個人)
  B 体感バランスワーク(個人、集団)
アートとムーブメントによって、視覚、体感的に「今、私、集団」を認知、刺激します。

3) 統合エクササイズ、ブレインジム&動き(個人、集団)

自分ペース、集団ワークの中で、脳のいろいろな場所を刺激すること、
脳と身体のコミュニケーションを豊かにするエクササイズを行います。

4)2)と同じ
再度、「今、私、集団」に触れる時間をとります。

5) まとめ

私が導入しようというエクササイズを紹介、その解説をしていると
先生は、子どもたちお毎日過ごしていることだけあって、
現実感、実際感を授業での子供たちのシーンにあてはめ、

○「それやってほしい!」
○「こんな風にミックスするのは?」
○「道具はこんなもの学校にあります!」
という声が。

私も日頃の子どもたちの様子、行動を聞いたりして学びが多く、
先生のリクエストを統合して、
マニュアルの延長上のエクササイズをつくりました。

現場にいる方が、一番何を必要なことがわかるもの。

もちろん、当日おきる、子どもたちの動きや存在は
もっとも大切にしたいところですが、

毎日ダイレクトに指導している方に伝えていくのは
とても意味があると思います。

何よりも、そこに通う子どもたちへ、強力な影響力となるでしょう。

当日が楽しみです。

・・・・・・・・

今朝ほどは、同じブレインジムインストラクターの灰谷さんと
スポーツ選手、コーチを対象としたブレインジム&原始反射のセミナーの
内容打ち合わせをスカイプで行いました。

ソチ五輪も近づいて、関係コーチの方もいるので
忙しい時期、間をぬって行われます。
こちらも12月21日と準備スケジュールはタイトめです。

それぞれに資料を用意して、すり合わせのMTG3回目は
来週頭にする予定です。
・・・・・・・・・

目的を同じとする人と、何かを統合、進めていくのは、
一人の発想だけでは、とても補いきれない
深いものができあがるんだな、と、

学校の先生や、はいちゃんとの打ち合わせで実感しています。

先日のブログでも書きましたが

個人スポーツ種目出身の私は、とっても刺激の多い時間となるのですよ。
ただ、ただ、現在、頂いている出会いに感謝。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

IMSIのイベントも2日後に!「脳力開花と自然療法」

実行委員会のスタッフにも助けられ、教えられ、ここまで来ました。

130人の皆様をお迎えします。

当日は司会進行、講演、運搬、雑用もたくさんします。

さーて、この後は小学校の保護者会とPTA広報委員会とのプチ時間。
OFFの日は、息子との時間もゆっくり目にとれる日です。

毎日の体調管理を大切に!
行ってきまーす。
 

 
ページトップ

Copyright © 2013 IMSI Corporation.All rights reserved.