嵯峨副学院長のブログ

2014.12.11

原始反射セッションにて「把握反射、引き起こし反射、バブキン反射、バビンスキー反射」

先日の原始反射統合ワークショップ

大きなテーマは「手足の動きから全体の動きをつくる」

ブレインジムのコースを参加された方やスポーツコーチ
そして、IMSIに初めていらっしゃる男性の医療従事者の方もご参加頂きました!

取り上げた原始反射は

把握反射、引き起こし反射、バブキン反射、
バビンスキー反射、足底反射

歩いたり、手を使った動き、いろいろな動きで
原始反射統合ワークがどのように、心や動きのなめらかさを出していくか
実体験する時間。

気に入ったものは、自分でも、毎日の生活で取り入れられます。

今回の皆様のテーマはこちら

一人でできるセルフケアから ワークショップやセッションならではの

2人組ワーク

大人の方法と、
子どもの方法で、

どのような事が違うか質問もでて、更に深まります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

親子セッションの際は

大人と子供向け、
それぞれ、別々に働きかけたり

2人でコミュニケーションタイムになるような
合体プログラムを考えたり、自然に生まれたり。

平均して、1か月に一度のペースでお会いするのですが、

どうして、子どもはこんなに賢いんだろうと
毎回驚きます。

賢いというのは、今、必要なものを良く知っているし、
今、自分にいらないものも、良く知っています。

大人は
「○○のために」
「まず、○○しなけば」

というのに弱いっていうのかな?

いや、これが強くなっていて、

自分に本当に必要な、ものが、見えにくくなることがありますね。

こういう状態がダメっていうよりも、
そこまで頑張っている自分だと、

自分らしさが、いつの間にか、
分からなくなったり、出しにくくなってしまうのね。

子どもの賢さは、ママさんにも、いい影響を及ぼします。
親子セッションの大きな醍醐味は、ここかもしれません。

私のところには、お母様からの喜びの声が届きます。

お子様のお話しの後

「先生、なによりも私に効果がでて嬉しいです!」

という系が多い。お母さんは、時々、参加してる感じの時もあるんですがね。

親子セッションで効果が表れる典型的なケースは

親は親のテーマに必死になっている間に、セッションでの動きの体験がきっかけとなって、
親がお子様をコントロールすることを手放す、ところから始まります。

他人によるコントロールは脳力開花とは逆行します、です。

昨日は小学生高学年の男の子とママさんとの3回目のセッション。
お子様は今までスポーツ、運動での目標だったけど、今回は読書がいいと、言ってきました。
お母様も隣で目をまるくしていました!私も含めて、3人で「本読み」を深めるいい時間でした。



ブレインジム 原始反射とは?セミナー詳細

 

IMSIのことが
気になる方はこちら

IMSIがお伝えする
世界の自然療法にご興味のある方、
まずは第一歩を踏み出してみませんか?

まずは体験してみたい方はこちらから

オープンキャンパスに申し込む(来校・オンライン)

ゆっくり資料を読みたい方はこちら

資料請求をする

何から始めて良いか分からない方はこちら

ガイダンスに申し込む(来校・オンライン)

まずは気軽にメールで情報収集という方

メルマガ登録をする

お問い合わせ

受講についてのご相談や、自然療法について知りたいことなどがありましたら、ぜひ気軽にお問い合わせください

お電話でのお問い合わせ

0120-458-234

フォームでのお問い合わせ

いつでもお問い合わせください
ページトップ