嵯峨副学院長のブログ

2015.10.19

父の入院

今日は家族のプライベートなお話しです。

父が入院したのですね。

人生2度目。

一度目は高校生の時で、自分は水泳の練習が毎日あって、病院が遠かったこと、

あまり情報を聞かされていなかったので、たいしたことがあるとは知らなかったのです。

10年以上だって、父の主治医にあったことがあるのですが、

「あの時、お父さん、本当に頑張りましたね。。。まだ、お嬢さんたち、学生だったし、
大変だったけど、まだ、死ねないな、て思ったのでしょう」

という言葉を聞いて、

「えー!!!!そうだったの???」

と、初めて知ったのでした。

私は、もう社会人になっていました。

でも、その後は元気だったので、心配したことは一度もありませんでした。

心配を見せたことがない人でした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
先月末から入院し、膵臓の手術を受けました。

私の体験です。

フェイスブックですが、友人からもアドバイスを頂き、

ブログにも投稿してみようと思いました。

手を握るということを再確認です。

3つの投稿です。長いので、興味のある方だけどうぞ。

・・・・・・・・・・・・・・・・

①「父とシュークリーム」 10月5日

幼い頃の父は、怖くて、甘えようにも不可能な感じ。

気持ちや心の話は、父からは出ないので、自分もしてこなかったのです。

友達とするような会話はほとんどない。

1週間前に入院した父が明日手術をするので、仕事帰りに病院へ。

母や妹と一緒に父に会うのと、自分一人で会うのとなんか空気が違います。

今日は、たわいもない会話になることはなく、膵臓の手術の説明をしてくれました。

昔からシュークリームが好きで、糖尿があるから、家族がダメと言っても、

「好きなもの我慢するくらいだったら、好きなもの食べて早死にする方がいい」

と、ずっと前から言って実行してきました。

夜遅くまで仕事して、ふざけたことも言わない厳しい父。

面白くない、家事もしないし、こうは、なりたくないと思ったことが多かったのですが、

よーく、考えてみると、この父は、見習いたいくらい、

仕事をしながら、自分の好きなこともしていることに気づきました。

歴史&本好き。スポーツもオリンピックなど、ほとんどの種目をテレビで見て、

中でも大学の時に、たまたましたサッカー部で興味を持ち、

還暦過ぎてドイツのワールドカップに夫婦で観戦に行くという、、、

意識してみると、大好きなこと、あってすごいなーって思います。

明日は母の誕生日&妹の結婚記念日なので、きっと幸運な日でしょう。

妹には「お父さんが手術で、お姉ちゃんも、何か記念日、作ればっ」って言われました😅

父が大好きなシュークリームを買ってみました。

これが好きなんだ〜と思いながら食べると不思議な味を感じました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 

② 「手術後の父のボンヤリ&可愛く見える母」 10月10日
 

6日に手術をして、その後、ボンヤリして、よく眠る父に家族でちょっと心配に。

今日になって、一昨日お見舞いに行ったときより、声の感じと言葉が「父節」に近づいたような感じを受けました。
 

看護師さんには、日頃、スクールでも頻繁にお会いしますが、本当にすごい職業ですね。

手術後も細かい仕事がいっぱい。

「あー疲れたから、明日にしよう」なんて言えないですしね。

当たり前なのかもしれませんが、誰にでもできる仕事でないです。有り難い。

今日、父はテレビで錦織くんを少し見たようです。

病院に毎日通う母。帰りがけに父にハイタッチを求めたり、

あら〜届かないわねと手を握りしめる母が可愛く見えました。

母の後なら私も父の手を握りやすい(*^^*)

面会して最初のうちはなんとなく、手だとなんか驚きそうな感じだったので、

布団をモゾモゾして、足に触れていました😅

暖かくも冷たくもない、ちょうど良い温度でした。
 

「ザ、楽しいこと大好き」の母がいるので安心ですが、

母もちょっと疲れていると思います。

ケーキの写真は手術の日の夜。

母の誕生日&妹の結婚記念日だったので、皆でお祝いをしたときのもの。

次はシュークリームで、父の元気会かな?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

③ 「父の手を握ってマッサージ、入院がきっかけに」 10月19日 

父が入院し、手を握るっていうことが、微妙にできなかった私。

前回の投稿で何人かのFBの友人が

「私も入院がきっかけで、父の手を握る、握手をする習慣がついたのです、ぜひ続けてみてください!」

とアドバイスを下さいました。

手術後すぐは、布団の中から足をモゾモゾで、終わってしまいましたが(汗)、

その次の面会で、

「手のマッサージをしましょうか?」

と言ってみたら、

「ぬ~っ」と、父が手を出してきました。

「便秘だ」とか「動くと痛い」という言うので、運よく?会話がいっぱいあって、

話にお互いに困らなく、右手も、左手も、そしてお顔も。面会の度に。

先週は従妹がお見舞いにきてくれて、妹の優子と一緒に3人女子会を。

息子を夫にお願いして週に3回くらい虎の門病院に通いました。

近い病院で、仕事帰りに通えたので、有難かったです。

術後の経過が良く、家族が想定していたよりも、かなり早い退院になる予定に。退院したら、両親ともにゆっくり休みながら、回復していってほしいと思います。

それにしても、セラピー勉強し続けてよかったと思うのは、こういうことだったりするのかな。

元気や気持ちよさって、大事だな~。

歩く父の姿が少し、力が増えて見えます。

・・・・・・・・・・・

IMSIのことが
気になる方はこちら

IMSIがお伝えする
世界の自然療法にご興味のある方、
まずは第一歩を踏み出してみませんか?

ゆっくり資料を読みたい方はこちら

資料請求をする

何から始めて良いか分からない方はこちら

無料ガイダンスに申し込む(来校・オンライン)

まずは気軽にメールで情報収集という方

メルマガ登録をする

お問い合わせ

受講についてのご相談や、自然療法について知りたいことなどがありましたら、ぜひ気軽にお問い合わせください

お電話でのお問い合わせ

0120-458-234

フォームでのお問い合わせ

いつでもお問い合わせください
ページトップ