嵯峨副学院長のブログ

2015.10.27

「○○を好きにさせるためにあるのではなく、、、、」

<ブレインジム創始者の言葉>

ブレインジムとは「動き」というアプローチから、人間の成長をサポートするアメリカ発の教育メソッドです。

本日は国際公式コースの3日目。

今回は全員セラピストやセラピーを学ばれている方が参加されています。

「ビックリするくらい簡単な体操なのに!!」と皆さん、おっしゃいますが、

脳が統合され、表情は豊かに、自分も周りの人に気づきやすく
コミュニケーションに余裕がでて、

今日もたくさんの拍手が沸き起こりました。

本来の美しさが、
「バーン」と出てくるのでしょう。

皆様が、どんどん輝きを増しています!!

皆で食べるランチタイムも、とても学びが深まる重要な時間。

カフェやレストラン探しも表参道周辺は楽しいので、お散歩で面白い発見も。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
さて

先週、ブレインジムの創始者の来日セミナーがあり、
今日の投稿では、そこで伺った言葉を紹介したいと思います。

アメリカの教育学博士 ポール E デニソン先生。

「このプログラムは、○○を好きにさせるためにあるのではなく

好きなことをもっと楽しく、才能を伸ばすためにあるのです」

子どもを対象としたブレインジムの導入法について
の質問に対してのお応えでしたが、

苦手なことを、好きにさせるためにあるのではない、という説明には

こんな追加の言葉も。

優先順位として、取り組むのは、本人が、やってみたいなと純粋に思うことです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

感想

大人は超苦手でも克服するように、行動することがありますが、

大部分の子どもは、

超、やりたくないことをしたいと思わないし、
超、苦手なことよりも、気持ちがのることをしたい、

ということが多いと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

子どもを育てている自分にも、再確認の気づきでしたし、

たとえ、大人を対象としていても、

短所はケアしながらも、

長所を活かしていく、働きかけが大切だと、

再確認の場になりました。

ブレインジムインストラクターとしてもそうですが、

セラピストとしても、そう。

クライアントは病気や心のお悩みがあることが多いのですが

健康や美しさ、心地よさへ導くお手伝いをするためには、

その方が、毎日の生活がスムーズになったり、

楽しく、充実したものになるための

働きかけが大切だと感じています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

体験会
ブレインジム公式コース

 

IMSIのことが
気になる方はこちら

IMSIがお伝えする
世界の自然療法にご興味のある方、
まずは第一歩を踏み出してみませんか?

ゆっくり資料を読みたい方はこちら

資料請求をする

何から始めて良いか分からない方はこちら

無料ガイダンスに申し込む(来校・オンライン)

まずは気軽にメールで情報収集という方

メルマガ登録をする

お問い合わせ

受講についてのご相談や、自然療法について知りたいことなどがありましたら、ぜひ気軽にお問い合わせください

お電話でのお問い合わせ

0120-458-234

フォームでのお問い合わせ

いつでもお問い合わせください
ページトップ