嵯峨副学院長のブログ

2016.03.26

「最初はADHDの子に役立てたい」という気持ちで行きました」大人が学ぶとき

「子どものために学びに来たのに、大人が、いつの間にか、自分のための学ぶことに心を開いている」


ブレインジムは、脳を活性化して、学力やパフォーマンスが向上するとか、
動きを使って学びをサポートするとか、
発達障害、ADHDなどによいと国内外で報告され、活用されている米国発の教育メソッドでもあります。


創始者のポールは「子どものために!」と、このメソッドを世に送り出したのでしょう。

30年以上たってみると、それは、子どもだけでなく、

そこに関わる、大人のために、カリキュラムがあるのではないか、と思うことあります。


なぜなら、このコースでお会いする殆どの方が


「自分が変わったら、子どもが変わった!」
「やっぱり自分の方が、大切だったんだ!」


という体験談を、たくさん、たくさん教えてくれるからです。


私も、その一人です。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


今日は10年以上の前のことを書きます。

ブレインジムを学ぶために、アメリカで公式コースに参加した頃のこと。


10年以上前の当時は、日本でブレインジムを教えている人もいない。


自分の中に「ブレインジムとは?」という理論も定義も手法も、なんだか、よく分からないまま、参加したんですね。

この時、英語がよく聞こえてきたり、理解できたり、外国語なのに、人とのコミュニケーションがどんどん深まって行く体験をして、驚きと感動でいっぱいだったという話は、以前にもこのブログで伝えたことがあります。

それとは別、自分体験でなくて、
そこで見て、感じたことのお話です。



コースに参加して、驚いたことで、今でも鮮明に記憶に残っている体験があります。


それは、参加している方の変化と、インストラクターが持ち出す、クラスのエネルギーなのです。


参加された方は、自己紹介で、


私は、学校の教員、
私は、OT作業療法士、
私は、カイロプラクター
私の息子は発達障害です!


など、殆どの人が学校の先生か、発達に詳しい方、専門家、治療家だと名乗り、
評判をききつけて、子ども達のために参加したと、話していたのですが、


いきなり、コース初日の後半から、


目の色を変えて、自分のことを掘り下げる、大人たち!


「あれっ?皆様、参加動機はどこへ???」


と思うくらい、子ども(他人)というよりも、

「自分」が変化することに、希望の星、みたいになっていました!

また、

その場のエネルギーをインストラクターの方が肯定的にサポートしていて

「えー、この世界すごい!」と、とにかく感動したのです。

参加されていた方は、自分に効果があると納得しだすと、


何か、閉じていたふたが開かれたかのように


自分が気になっている問題や課題、

仕事をもっと、スムーズにしたいとか、


プライベートや家族、中には、ペットとの関係にも、

ブレインジムを使いだします。



そして、自分に起こったことを話してくださるんですが、

自分の変化だけでなく、
自分が体験したことが、子ども達の変化につながっているとか、

周りに影響している!!!って、感動して、話されているのですね。


目がキラキラ輝いて。

当時は、自分がブレインジムを伝える立場ではなかったので、
ただ、驚いただけ、だったのですが、

自分が伝えるようになって10年の間に中に、


「子どものために参加して、

大人自身が、自分の可能性に心が開かれるのと同時に、

心身が統合されて心地よい体験をする、

それが自然な形で、子どもに循環していく」


という、ことの深い意味を、実践から理解するようになりました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

先日の青森でのブレインジムの公式コース。


この会も学校の先生が多く、私がアメリカで見たときと同じ光景がありました。


その中の先生からメッセージをいただきました。


先生に許可をいただきシェアいたします。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ブレインジムコース、がんばって三日間通っても疲れず頭がスッキリしました。


最初はADHDの子に役立てたい気持ちで行きました。


でも、まずは自分がナチュラルに楽しく明るくないといけない…と思いました。


○○の為でなく、自分のために…

これからは誰か何かの為でなく、まずは自分のために…を考えていこうと思いました。


それと、ストレスにならないように…ではなく、


自然に、ストレスにならない考え方や処理の仕方を、生活の中で行うこと。

そのためにも、自分を大事にして、考え方を柔軟にしていくのが大切だと気づきました。


このために、左脳と右脳の繋がりを保っていくようにブレインジムをやっていきます。


わからないときは体に聞いてみて。

 新しい発見と気づきができて、左脳と右脳がどんどん繋がって若がえっていったらどうしよう!(笑)

次回も参加したいので、楽しみにしています。


新しい自分を発見できました、ありがとうございました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


その後、ADHDのお子さんとは、ブレインジムを一緒にやっていらっしゃるそうで、そちらについてもシェアして下さっています。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


「子どものために学ぶはずが、大人が学んでいる」


だけど、大人だけの学び、にならない「学び」、


周りの人にも影響していく「学び」、って、ユニーク。

いいな、と純粋に思います。



そういう体験をサポートする意味を、心身で理解し、
場をつくることを意識しています。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブレインジム体験会(要予約・無料)

シンプルなエクササイズで脳を統合していくブレインジムは、心と身体の統合とパフォーマンスの向上など脳の活性化をするだけでなく、自分らしく心地よい「生き方」をみつけることができます。

〇お子様には、学力・運動能力の向上や健やかな成長と発達のサポートとして

〇子育て中のお母様には、子どもの才能発掘の方法や家事育児を心地よく行う方法として

子どもからシニアの方まで幅広い対象で、世界80か国で導入されているメソッドです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

体験会では、日頃の事例やメソッドの背景を聞きながら、実際にブレインジムをおためしいただけます。

日程はこちらから
http://www.imsi.co.jp/session/index.html

 

IMSIのことが
気になる方はこちら

IMSIがお伝えする
世界の自然療法にご興味のある方、
まずは第一歩を踏み出してみませんか?

ゆっくり資料を読みたい方はこちら

資料請求をする

何から始めて良いか分からない方はこちら

無料ガイダンスに申し込む(来校・オンライン)

まずは気軽にメールで情報収集という方

メルマガ登録をする

お問い合わせ

受講についてのご相談や、自然療法について知りたいことなどがありましたら、ぜひ気軽にお問い合わせください

お電話でのお問い合わせ

0120-458-234

フォームでのお問い合わせ

いつでもお問い合わせください
ページトップ