• 体験会はこちら(オープンキャンパス)
  • 資料請求はこちら
  • お仕事のご依頼はこちら
電話
笑顔で、自分らしく、貢献していくために

2016.04.21

トラウマ、緊急時に行うディエンチャン、顔をみる、顔に触れること

家族のために
自分のために
友人、隣人のためにある

世界のセラピスト達が学ぶ

顔の反射療法「ディエンチャン」

ベトナム医道の創始者、チャウ博士に

心身ともに、体調の維持が困難なトラウマを抱える時に
誰でも行える方法として
アドバイスをお願いしたところ、

すぐに返事が届きました。

ディエンチャン卒業、在校生の方にもシェア致しましたが
こちらのブログでもシェアいたします。

<心身の回復>

顔全体を指や棒で線を描くように刺激する。
痛みがあったり、敏感な部分を3回押す。

<愛情を伝える手当>

・眉間に手をあてる(あててあげる)
・左右のこめかみに手をあてる(あててあげる)

<不安 気持ちに作用する手当>

・左右のおでこに両手をあてる(あててあげる)
・左右の眉頭の少し上に手指をあてる(あててあげる)

実は、昨日リンクを掲載した
トラウマのためのブレインジムやEFTなどの手法と似ているのが
このツボ押しです。

おでこには、

人の不安や気持ちが現れやすく、
現れるからこそ、触れる時も、ここを手当てする、
というのが、長い間の経験、手法として、とても似ています。

米国の精神科、心理療法、教育の現場からスタートしたものも
アジアで戦争、貧困など苦しい思いをしてきた人たちがつくった
手法も、重なること、そういうことがあります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

デイエンチャンとは
http://www.dienchanjapan.com/#!about/c1mro

 

 
ページトップ

Copyright © 2013 IMSI Corporation.All rights reserved.