嵯峨副学院長のブログ

2016.07.22

【なぜ、メンタル面に<カラダ>を使ったルーティーン?】

【なぜ、メンタル面に<カラダ>を使ったルーティーン?】

続きです。

スポーツ選手やビジネスマンが、

環境が変わっても、緊張やプレッシャーがあっても、

平常通りの動きを引き出すといわれる<ルーティーン>。

メンタル面に、大きく働きかけますが、

精神活動を生み出す<アタマ>よりも

<カラダの動き>の方が定番で使われます。

それは、なぜでしょう。

大きな理由のひとつに、人間脳の大きさ、

キャパの広さにあります。

人の脳は進化の過程で、だーいぶ、大きくなり、

用途が多い分、ちょっと、使いにくいときがあります(汗)。

脳は考えを生み出したり、情報を統合する司令塔ですが、

<無限に反応していく>性質があり、

よい方向に行くときもあるけれど

ストレスやプレッシャーで

自分が望まない世界に、迷い込んでみたり、

考えや感情が膨らみ過ぎて、情報だらけになったり、

「えーっと、、今、私、何をするんだったっけ?」

って、混乱することも多いのですね。

人間脳の強みが、裏目にでるという自体、、、。

理想的に使うって、なかなか、難しいのです♥

そこで、脳とつながっている<カラダ>に力をかります。

カラダは思考のように、無限大に膨らむこともなければ、

能力という点でも、例えば、朝起きたら、100mを5秒で走る、

なんてことはない、しっかりとした枠組みをもつ<容器>であります。

カラダの動きはリズムや大きさなどを安定させることで

脳へ、安定した情報が伝わります。

この<安定した>情報によって、迷うことなく、

いつもの力を同じように発揮できるというのが

ルーティーンにおいて、身体活動が選ばれる理由です。

今までにメンタルケアに、色々なことをしてきて、

なかなか効果を感じられなかった方や、

そういうお子さまを案じているお母さまは、

<カラダ>を効率的に使うことで、

リラックスをしながら、脳の集中力を高め、

パフォーマンスを発揮、、、

そんな方法で、

最高の<笑顔>サポートができるかもしれません。

・・・・・・・

IMSIのことが
気になる方はこちら

IMSIがお伝えする
世界の自然療法にご興味のある方、
まずは第一歩を踏み出してみませんか?

まずは体験してみたい方はこちらから

オープンキャンパスに申し込む(来校・オンライン)

ゆっくり資料を読みたい方はこちら

資料請求をする

何から始めて良いか分からない方はこちら

ガイダンスに申し込む(来校・オンライン)

まずは気軽にメールで情報収集という方

メルマガ登録をする

お問い合わせ

受講についてのご相談や、自然療法について知りたいことなどがありましたら、ぜひ気軽にお問い合わせください

お電話でのお問い合わせ

0120-458-234

フォームでのお問い合わせ

いつでもお問い合わせください
ページトップ