嵯峨副学院長のブログ

2016.12.14

全国大会まで約2週間、高校ラグビーチームとブレインジムセッション

スポーツにおけるブレインジムセッション~脳と身体のつながり Vol15~

 

全国大会まで約2週間となった、高校ラグビーのチームを訪問しました。

 

火曜日のブログは長くなるので、2つに分けて投稿します。

 

この投稿では、「セッションの内容と意図」について

 

次の投稿では、「自分を信じる」ことについて、かきます。

 

まず、セッションについて↓

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

スポーツにおけるブレインジムセッション~脳と身体のつながり~

 

日時: 12月13日(火) 13:00-16:30

場所: 埼玉県 県立高校内 柔道場、グランド

対象: ラグビー部 約65名 (女子選手一人含む)

 

目的: 全国大会前の個人とチームの準備、チーム内アクティベーション

 

<ABチーム+3年生(約40名)>

 

●セッション時間と場所: 13:00-14:00、柔道場にて

 

●大テーマ: 監督からの3つのキーワードの理解と実践面でのサポ-ト学習

 

↓↓

 

キーワードの中からピックアップした学び

 

・「自分を信じる、仲間を信じて力を発揮してく」について

 

・「成功の反対は失敗でなくてチャレンジしないこと、時には大胆にチャレンジすること」

 

この2点。

●内容

 

1)スポーツにおける「信じる」ということの整理とリソースの追加(過去のセッションからの継続学習)

 

2)グループワークによる身体実技

 

3)自分の身体を信じていくワーク(2人組)3種

 

その他 怪我のある選手への個人セッション 原始反射の確認

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

<Cチーム(30名弱)>14:45ー15:45

 

●セッション時間と場所: グランドにて、スキル練習とコラボ、約60分

 

●内容 タックルの技術の練習の合間にブレインジムを導入

 

テーマ

実技習得に対する現時点での選手の認識を確認、

学びと技術習得の可能性を広げる(個人)、

 

基礎的なブレインジム・原始反射ワークを体感する

 

力強さの源、学ぶことへのモチベーション、

バランスと自己活用

 

●方法 スキル練習の中とワークを交互に行う

 

その他、

 

監督、コーチとの相談、シェアリング

個人フォロー

 

以上 計3時間30分

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

チームの目標はベスト8。

 

団体、対戦型スポーツでは、トーナメント形式になっていることが多く、

優勝を目指すチームと対戦することも。

常に、現場での力発揮が要求されます。

 

 

今までも、たくさんの練習、工夫をしてきたチームの皆様。

 

更に高みを目指して、真剣に、ベストをつくされる姿を尊敬しています。

 

個人やチームの力が、のびのびと高まりますよう

心から応援しています!

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今回のテーマにあがった、

 

「信じる」「力を発揮する」ということは、

スポーツではもちろんのこと、

 

スポーツ以外でも、人生をイキイキと過ごしていくために

とても大切なことだと、感じています。

 

次の投稿にて、書きます

 

IMSIのことが
気になる方はこちら

IMSIがお伝えする
世界の自然療法にご興味のある方、
まずは第一歩を踏み出してみませんか?

ゆっくり資料を読みたい方はこちら

資料請求をする

何から始めて良いか分からない方はこちら

無料ガイダンスに申し込む(来校・オンライン)

まずは気軽にメールで情報収集という方

メルマガ登録をする

お問い合わせ

受講についてのご相談や、自然療法について知りたいことなどがありましたら、ぜひ気軽にお問い合わせください

お電話でのお問い合わせ

0120-458-234

フォームでのお問い合わせ

いつでもお問い合わせください
ページトップ