• 体験会はこちら(オープンキャンパス)
  • 資料請求はこちら
  • お仕事のご依頼はこちら
電話
笑顔で、自分らしく、貢献していくために

2020.09.07

よりよい手法を、対処法として使う罠

先日のブレインジム&原始反射統合体験では、

女性ばかりのゲストを迎えるIMSI学院では珍しく、男性だけのご参加。

 

テーマとしては

・文字をラクに読む

・身体感覚を高める

・大人の発達障害をラクにしていく

という質問を受けて、スタート。

 

体験会ではたいてい、こう伝えながら、進めます。

 

日ごろの活動では、ここにある手法をつかうときには

 

・「対処法」や「治す」ために使わない。

・「楽しく、ここちよく」「のばす」ために使う。

 

とお話してからはじめています。

 

対処法って、いつまでたっても、対処から、のがれられない。

自分の人生モード、切り替えたくても、切り替えにくくなるー。

 

 

今あるものに対処することに、エネルギーが注がれる、

人生をつくる、という部分から離れていく、という罠があります(笑)

 

時間かかりすぎてしまうのね。

 

私も、10年以上、治す、対処するに力を注いでいたこと時期もあるので、

すぐに対処法から離れなくても、人生全体でみたときには「悪くない経験」とも思っているけれど、

人生にはタイミングも、時期っていうものもある。

 

もし、あまり時間がないひと、成長著しいお子さんを育てている人で

あまり時間をかけられないで、進みたいと思っている人には

伝えたいことの、大切なひとつだなーっと考えています。

嵯峨慈子

 

 
ページトップ

Copyright © 2013 IMSI Corporation.All rights reserved.