• 体験会はこちら(オープンキャンパス)
  • 資料請求はこちら
  • お仕事のご依頼はこちら
電話
笑顔で、自分らしく、貢献していくために

2021.03.15

中学生男子、先輩に色紙を書く 

中3の野球部の先輩がもうすぐ卒業。

毎年しているOBを呼んでの野球大会兼送別会は、昨年に続きコロナ禍で中止。

ということで、先輩には記念品と色紙を送ることになった。

準備は保護者が部費から予算内で準備する。

ところで、気がついたことが。

100円均一には、可愛くてビックリするようなオシャレな色紙があるのだが、

中学男子が喜びそうなデザインの色紙がない?!!

シールが便利ときいて、シールを探したが、たいていシールのサイズが小さい!

これは、中学生の書く文字の大きさからすると「お世話になりました」くらいしか書けないではないかっ!

100円均一をはしごして、良さそうなものがなく、ガックリ帰宅。

ショックを息子に伝えた結果、

白い色紙の中央に名前をデザインして、

メッセージは昔ながらの方法で、直接手書きでまわして書こうとなった。

息子と色紙のデザインを考え、制作。

ものづくりは試作と、最終決定までの道が、意外と楽しい時間だ。

/////////////////////////////////////////////////////////

数日後、記念品と共にあつまった色紙をラッピングしながら、

子どもたちの先輩宛てにメッセージの様子が目に入ってくる。

・○○の練習に一緒にしてくれたとか、

・○○先輩は、部活に入って最初に話かけてくれたとか、

・できなかったときに、○○先輩は優しく、教えてくれた、だの

子どもたちの体験、エピソード記憶はとても鮮明でリアル。

最近の子供は言葉なんてほとんど省略だし、なんて思ってしまうときもあるのだが、

しっかり伝えわる言葉が並んでいた。

なかなか、感動ものです☆☆。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 
ページトップ

Copyright © 2013 IMSI Corporation.All rights reserved.