冨野学院長のブログ

2022.03.15

手で触れるセラピーと、道具を使うセラピーとの違い

セラピストの皆さん、手を大切にしていらっしゃいますか?

手を保護するために、常に手袋を付けているセラピストの方もいますが、私は手の感覚も大切にしたいので、料理や掃除、食器洗いなども素手で行っています。

特別なハンドケアは何もしておりませんが、セラピストになってから20年以上、幸い手荒れも怪我もしたこともありません。

ところで……、「セラピーは、手で触れるのが一番だから、“道具”を使うなんて、邪道!」と思っている方は、いませんか!?

実は、以前私がそうだったのです!

アロマセラピスト、リフレクソロジストとして10年ほど活動をしていた頃は、「セラピーは、手で触れるのが一番!」と思っていました。

そんな頃、ベトナムでディエンチャン顔反射療法に出逢ったのです。

「刺さない顔鍼」と称して、道具で顔をグリグリと施術するその手法に仰天したのは、言うまでもありません。

衝撃的ではありましたが、創始者の熱い想いに触れて、ディエンチャンを学ぶことにした私。

クラスメイト達が、口々に「〇〇(症状)が治った!これはスゴイ!」言うのをと聞いて、驚きました。

そして「このセラピーは、今まで私が学んできたセラピーとちょっと違うのでは……?」と思い始めたのです。

今思えば、当時の私はまだ若く、特に不調もなかったため、セラピーの本当の効果を実感できていなかったのです。

その後、自分や家族、友人の不調のたびにセラピーを試す機会にも恵まれ、やっと「ああ、こういうことなんだ……」ということが分かりました。

手と道具、どちらも良い所があります。

“解剖学的に形がある物”に対しては、手のほうが感度が良く、うまくアクセスすることができるように思います。

例えば、アロマセラピートリートメント(スウェディッシュマッサージ)は筋肉のコリや血行促進には最適で、リンパドレナージュはリンパの滞留やむくみに最適な施術です。

一方で、“解剖学的に形の無いもの”、つまり、「気血の滞り」は、道具を使うほうが「ドンピシャリ!」という感じでキャッチし、解消できるのです。

ディエンチャンは正にこれですが、鍼灸やかっさ、吸い玉などもこの「道具を使うセラピー」に相当します。

例外は、南アフリカ式のセラピューティック・リフレクソロジーです。

南アフリカ式のセラピューティック・リフレクソロジーは、手の指で行いますが、指の腹の柔らかい部分ではなく、指先の小さな面積だけを使います。

接地する面積が小さいため、圧はほとんどかけていないのに関わらず、ディエンチャンの道具で施術されるのとよく似た、刺激的なイタ気持ちよさが得られます。

これは、やみつきになる気持ちよさです!

創始者で南アフリカ在住のインガ・ドーガン先生が、「どうすれば手のみを使って、鍼灸と同じように経絡治療ができるか……」を研究して開発された、独特のテクニックなのです。

手で触れるセラピーも道具を使うセラピーも、どちらも良い所があるため、私は手も道具もMixで使うのが好きなのです。

手 ⇒ 道具 ⇒ 手 ⇒ 道具……と、一つのセラピーにうまくフュージョンさせて組み込むのも良いですね。

様々な手法を柔軟に取り入れることで、多方面から働きかけ、よりホリスティックなセラピーになっていくのだと思っています。

東洋医学的なアプローチをガッツリ学べるディプロマコースを開講します!

全クラス、私(冨野)が担当します。

南アフリカDI認定セラピューティック・リフレクソロジー&東洋医学ディプロマコース

ベトナム医道ディエンチャン顔反射療法ディプロマコース

世界の巨匠たちが「IMSIで教えたい!」と言ってくださり、本当にありがたいことです!“その道”の第一人者である一流の講師陣から通訳付きで直接学べるまたとないチャンスです。

うつと不安のためのアロマセラピー

メノポーズ(更年期)・サクセス

フランス式リンパドレナージュ入門

スピリットとアロマセラピー~精油のエネルギーと東洋医学の五行説~

IMSIのことが
気になる方はこちら

IMSIがお伝えする
世界の自然療法にご興味のある方、
まずは第一歩を踏み出してみませんか?

ゆっくり資料を読みたい方はこちら

資料請求をする

何から始めて良いか分からない方はこちら

無料ガイダンスに申し込む(来校・オンライン)

まずは気軽にメールで情報収集という方

メルマガ登録をする

お問い合わせ

受講についてのご相談や、自然療法について知りたいことなどがありましたら、ぜひ気軽にお問い合わせください

お電話でのお問い合わせ

0120-458-234

フォームでのお問い合わせ

いつでもお問い合わせください
ページトップ