• 体験会はこちら(オープンキャンパス)
  • 資料請求はこちら
  • INSTAGRAM
  • facebook
  • twitter
IMSI TIMES World Communication Network
電話
大切な人のために世界の自然療法を学びたい人が読むブログ

2020.03.31

ウイルスに負けない身体づくりのためのアロマセラピー

先日は季節外れの雪が降り、
冬の寒さに戻ってしまいましたね。

せっかく咲いた桜も、ちょっと寒そうです。

皆様、どうぞ温かくして、リラックスしてお過ごしくださいね。

さて、この時期、
「新型コロナウイルス対策にはどの精油が良いですか?」
という質問を多く頂きます。

精油に頼りたい気持ちも分かりますが・・・、

はっきり言いまして、
新型コロナウイルスに対する精油の作用など、
詳しいことは、まだ解明されていません。

でも、

ウイルスを敵視して「ウイルスをやっつけるため」にアロマセラピーを使うのではなく、
「ウイルスがビックリするくらい元気な身体づくりため」にアロマセラピーを使ってみませんか?

我が家では、
その日の気分でアロマをディフューザーで焚いたり
ルームコロンをスプレーしています。

例えば、
ある日のブレンドは、
睡眠の質を高めるために ラベンダートゥルー
消化機能を高めるために マンダリン
呼吸を深め、呼吸器系を強壮するために ラヴィンサラ

またある日のブレンドは、
ホルモンバランスを整えるために ゼラニウム
消化機能とリフレッシュのために レモングラス
呼吸器系と消化器系の強壮のために ペパーミント
など。

基本的には、よく眠って美味しく食べて、心身共に健康的でいるために、好きな精油をブレンドして使います。

この、「日替わりで、適当に精油を使う」ということに、
実は、感染症の予防対策に意味がありそうなのです。

精油Aは、特定の菌やウイルスに効果は高いけど、他の菌やウイルスには効果は高くありません。
精油Bは、また別の菌やウイルスに効果は高いけど、他の菌やウイルスには効果は高くありません。
精油Cも、また別の菌やウイルスに効果は高いけど、他の菌やウイルスには効果は高くありません。

そのように考えると、
特定の精油ばかりを使うのではなく、
精油をブレンディングして、色々と使い回すことで、
結果的には、幅広い菌やウイルスに対する効果を発揮することにつながるのです。

お部屋にはルームコロンとしてスプレーしても良いし、ディフューザーで焚くのも良いでしょう。

外出時には、マスクの表面にシュシュッとスプレーを吹きかけたり、帰宅時に、顔や髪の毛にシュシュッとスプレーしても良いですね。

皆様、どうぞ心穏やかに、健やかにお過ごしくださいね。

 

自然療法が体験できるオープンキャンパス(無料体験会)のご案内

大切な人のために学ぶアロマセラピー3Dayコース

大切な人のために学ぶリフレクソロジー3Dayコース

英国IFPAアロマセラピー・ディプロマコース 4月4日(土曜コース)開講

南アフリカDIセラピューティック リフレクソロジー・ディプロマコース 5月13日開講(2月コース途中入校も受付中)

ベトナム医道ディエンチャン4月15日(日曜コース)6月9日(火曜コース)開講

 

 
ページトップ

Copyright © 2013 IMSI Corporation.All rights reserved.