• 体験会はこちら(オープンキャンパス)
  • 資料請求はこちら
  • お仕事のご依頼はこちら
電話
笑顔で、自分らしく、貢献していくために

2010.08.26

イギリスでアロマセラピーを学ぶ

先週、今週は、留学セミナーや学校説明会、無料アロマ体験会などで

「イギリスで、セラピストとして活躍してみたい!」
「イギリスに留学して、アロマを勉強したい!」

という方に、たて続けてお会いしました。

私が日頃、席をおくIMSIという学校は、

日本にいながら、国際的に評価の高いタッチセラピーや自然療法を学ぶという場所なのですが、
同僚の講師や事務局スタッフはは皆、海外での経験が豊富。

一緒に働いていも、「あなた外人?」みたいな人が多く、
視野がインターナショナル、刺激になるし、勉強になる素敵な場所です。

生徒さんからも、海外に関連した質問・ご相談をお受けすることがあります。
講師陣は、服装こそ、びしっとスーツ決めていたり、真っ白な白衣、というファッションをしていませんが、その分、個性的で気さく、皆さんからは「先生」という感じもなく、いろんな相談を気軽にして頂い
ております。

特に、IFPAコースを選ぶ方は、海外に住むまで行かなくても、1週間くらいの海外旅行をかねて、イギリスの自然療法の学校で学んでみたい!という夢をもたれている方も多いのです。

IFPAはイギリスでも最も大きなアロマセラピストの協会。
卒業後は、アロマ関係の学校で2DAYコースなどに出席できますので、夢が広がりますよね。そして夢を、現実に近づけるとなると、心配になったり、迷ったりするのです。



私自身もアロマセラピー留学をしていましたが、
私の場合は、短期ではなく、長期のケース。

イギリスには全部で3年近く住み、最終的には、アロマセラピーだけでなく、リンパドレナージュ、リフレクソロジー、ビューティーセラピー、ストーンセラピーなど、いろいろな自然療法の勉強をしました。

また、アロマセラピーの資格を取得した後は、就職活動をして、東洋医学系のクリニック、ロンドンのスパで仕事をしたり、病気を抱えている人、妊婦さんへのボランティアなど、出来る限り、セラピスト活動をしてみました。

3年間の中には、いろいろな体験が盛りだくさん!
知識だけでなく、とてもよい人生経験にもなっているのですよ。

最近、お会いした方には、以下のようなことをお話しました。

● 学校での勉強と英語力について
● アドバンスコースの魅力
● 就職活動
● イギリス人に混じって、セラピストして働くこと
● ボランティア
● 自然療法を学ぶための時間の活用法

その他、セラピストや就活の裏話とか(笑)などなど。

以下の本は、私のアロマ留学の、きっかけとなった本。

スピリットとアロマテラピー〈東洋医学の視点から、感情と精神のバランスをとり戻す〉

著者の、初代IFPA協会会長、ガブリエルモージェイ氏が、遂に来日することに。
IFPAセラピストフォーラムのゲストスピーカーとして、またセミナーも開催されます

私も、セラピストフォーラムではワークショップを担当する予定。

今から楽しみですね。



flairイギリス最高峰のアロマセラピー資格IFPA取得


英国IFPA認定ディプロマコース9月10日(金)開講shine


crownイギリス・アロマセラピー界の巨匠・ガブリエルモージェイ来日


クリニカルアロマセラピー・東洋医学的アプローチ10月13・14日開講shine


flairまだ間に合います!2010年内にフェイシャルリフレクソロジストとしてデビュー可能!


西国IR認定フェイシャルリフレクソロジーディプロマコース秋コース開講shine







東京・表参道 自然療法の国際総合学院


IMSI The International Medical-Spa Institute

 
ページトップ

Copyright © 2013 IMSI Corporation.All rights reserved.