嵯峨副学院長のブログ

2010.09.03

564の神経ポイント 肌荒れ

今期のフェイシャルリフレクソロジーのコースも、山場にさしかかっています。

春から勉強を始めているチームは、モジュール3まで進みました。

この時期になると、皆様、たくさんの症例を体験されているので、
授業では、受講生の方から、
「母へ施術をしたところ、こんな変化がでた」
「こんな症状の時には、どうしたらいいの?」
「この手法、少し自信がないので、もう一度確認したい」

など、ケースに対するご質問が飛び交います。



↑ 五十嵐先生も大忙し。ケースの取り方など、丁寧に解説しています。
ちなみに上記は妊娠6カ月の方のケースを解説中。

過日の授業では564の神経ポイントの解説と実技が行われました。

神経ポイントとは、ベトナムのディエンチャンによる反射学で、

顔には無数(500個以上と数が多いので、ここでは無数としておきます)のポイントが存在しており、それぞれが、身体の部位や内臓、器官などと関連しているというもの。

授業のデモンストレーションのモデルとして私も参加しました。
桂子先生から、何かお悩みは?と聞かれ、

・・・「肌荒れ」 と一言。

私は、幼いころから、何かあると、肌に反応が出やすいタイプ。
最近は夏バテ風で栄養が偏りがちなのと、
強い日差しとエアコンで、肌がだいぶ、お疲れの様子。



↑ ウォーミングアップに加え、皮膚に関係するポイントにアプローチしているところ。
右側にツーンと脳に響くような、痛みと感覚がありました。

その後、受講生同士で、ご自身の体調を語りあいながら、
症状別神経ポイントを練習していました。

学びながら、自分自身にも効果を得られるっていいですよね。


ベトナムから初来日!ドクター・チャウの第1期生募集中


ベトナム・Viet Y Dao(越医道)認定ディエンチャン・ディプロマコース11月開講


イギリス最高峰のアロマセラピー資格IFPA取得


英国IFPA認定ディプロマコース9月10日(金)開講shine


crownイギリス・アロマセラピー界の巨匠・ガブリエルモージェイ来日


クリニカルアロマセラピー・東洋医学的アプローチ10月13・14日開講shine


flairまだ間に合います!2010年内にフェイシャルリフレクソロジストとしてデビュー可能!


西国IR認定フェイシャルリフレクソロジーディプロマコース秋コース開講shine


東京・表参道 自然療法の国際総合学院


IMSI The International Medical-Spa Institute

IMSIのことが
気になる方はこちら

IMSIがお伝えする
世界の自然療法にご興味のある方、
まずは第一歩を踏み出してみませんか?

まずは体験してみたい方はこちらから

オープンキャンパスに申し込む(来校・オンライン)

ゆっくり資料を読みたい方はこちら

資料請求をする

何から始めて良いか分からない方はこちら

ガイダンスに申し込む(来校・オンライン)

まずは気軽にメールで情報収集という方

メルマガ登録をする

お問い合わせ

受講についてのご相談や、自然療法について知りたいことなどがありましたら、ぜひ気軽にお問い合わせください

お電話でのお問い合わせ

0120-458-234

フォームでのお問い合わせ

いつでもお問い合わせください
ページトップ