嵯峨副学院長のブログ

2010.09.22

子供のとびひ

この夏は、まいりました。

息子がとびひにかかり、可哀想な状態に。

蚊に刺された後、かゆいのでどうしても、掻いてしまう。
それが悪化したり、外で遊んで転んだ傷口に広がって。。

最近は減りましたが、保育園から帰ると10箇所以上も蚊に刺されていることも。

朝はアロマの虫除けスプレーを塗ってから出かけているのですが、昼にはシャワーを浴びていているようなので、夕方には効力がなくなってしまうのか、足が真っ赤なポツポツがいっぱい。

痒そうにしているのも、気の毒だし、
言葉で掻かないようにといっても、手が勝手に動いてしまいます。


親子で気に入っているのが、アロマセラピー。

精油には抗炎症作用、瘢痕形成作用などをがあり、それらを活用して傷口を癒すことができます。

ラベンダーがお気に入り。
オーガニックのホホバオイルに希釈して、患部周辺に塗布します。

ラベンダーカシミールOG5ml・精油

上記はインドのカシミール地方で抽出される珍しいオーガニック精油。

先日、フィトアロマ研究所の方がいらした際、ご紹介下さりました。

とってもフルーティで素敵な香り。

とびひが治った後も、胸のマッサージは背中のマッサージにも活用しています。
呼吸が深くなるせいか?両手を広げながら、スゥースゥーと寝始めます。

ベビーだけでなく、ダタコネありで、感情の形成が進む3歳くらいの年頃キッズにもお勧めです。余ったオイルは、ママの癒しのツールに。脚にぬってリンパドレナージュをしたり、デコルテに塗ったりしています。

アロマセラピーを学んでいて良かったと思う体験のひとつ。

自然療法を生活に導入するからと言って、西洋医学に目をむけないというのは賢明ではありませんので、基礎を学んでおくと、そのバランスが理解出来ますし、安心です。

ママさんにお勧めです。


ベトナムから初来日!ドクター・チャウの第1期生募集中


ベトナム・Viet Y Dao(越医道)認定ディエンチャン・ディプロマコース11月開講 


イギリス最高峰のアロマセラピー資格IFPA取得 


英国IFPA認定ディプロマコース9開講 


イギリス・アロマセラピー界の巨匠・ガブリエルモージェイ来日 


クリニカルアロマセラピー・東洋医学的アプローチ101314日開講 


まだ間に合います!2010年内にフェイシャルリフレクソロジストとしてデビュー可能! 


西国IR認定フェイシャルリフレクソロジーディプロマコース

IMSIのことが
気になる方はこちら

IMSIがお伝えする
世界の自然療法にご興味のある方、
まずは第一歩を踏み出してみませんか?

ゆっくり資料を読みたい方はこちら

資料請求をする

何から始めて良いか分からない方はこちら

無料ガイダンスに申し込む(来校・オンライン)

まずは気軽にメールで情報収集という方

メルマガ登録をする

お問い合わせ

受講についてのご相談や、自然療法について知りたいことなどがありましたら、ぜひ気軽にお問い合わせください

お電話でのお問い合わせ

0120-458-234

フォームでのお問い合わせ

いつでもお問い合わせください
ページトップ