• 体験会はこちら(オープンキャンパス)
  • 資料請求はこちら
  • お仕事のご依頼はこちら
電話
笑顔で、自分らしく、貢献していくために

2011.04.13

精油の化学 アロマセラピストの視点から

昨日の精油の化学の授業。

今日は主に授業風景を写真でご紹介します。



↑ 各グループごと、また文献等で効果の報告されている成分の解説。
同時に、精油の中の単一成分のみを抽出し物質の紹介が。

単一成分は合成品になります。

天然の精油の香りとはずいぶんと違った香り。
はっきりして、強い。けれど、鼻につく、、という感覚でしょうか。

化学のお話は、面白すぎて、写真撮影を忘れました。。。
ごめんなさい。


授業の合間には、水蒸気蒸留法も体験。



このような 繊細なガラス容器を使った実験です。



ビーカーには、新鮮なとれたて芳香蒸留水が。

皆で飲んでみました!

その上のガラス管上部には精油が。

↓ こちらも授業の一コマを撮影。その日の最後には、
世界各地で撮影された、植物の姿があづさ先生の体験とともに紹介されました。



オーストラリアの精油の話や、
農法による、植物の姿形の違い。
興味深い話も、受講生の皆様も感動している様子。



↑ 蒸留法の後に残ったラベンダー。
下に、ワインのような濃い色の水溶液が。

捨てるはずのハーブですが、あまりに香りが良いので、
頂いて帰りました!

昨夜は、家族が寝静まる中、
一人で、このラベンダーをお風呂に入れて、こっそり入浴!

まだまだ、とてもいい香り!

見た目を楽しみたいので、そのまま入れましたので、
最後は、ハーブのお掃除が大変でした(笑)

精油の化学の授業について 前日のブログ
http://saga-log.jugem.jp/?eid=259

あづさ先生のブログ
http://blog.aromatique.jp/

あづさ先生担当のアロマセラピーコース
IFPA&妊産婦ケアのコースの情報です。
http://www.imsi.co.jp/course/at/nakamura_azusa.html




 
ページトップ

Copyright © 2013 IMSI Corporation.All rights reserved.