嵯峨副学院長のブログ

2011.10.20

シドニーへ移動

昨日は、世界自然療法シンポジウムの会場担当の方とお話を。

当日会場になるのは東京外国語大学ですが、
参加者の方に楽しんでいただけるように、サポーターの方にご協力頂いています。

さてさて、このブログでは引き続き、先月行ったオーストラリアでの自然療法体験の様子を書いています。



メルボルンでの一週間が過ぎ、今度はシドニーへ向かいました。

当日の朝は、エンデバーカレッジに、ちょっとお伺いする予定にしてましたが、このとき、1週間続いていたカンタスエアーのストライキと、スクールホリデーが重なっていたこともあり、朝から、混み具合を報告する内容がテレビで流れっぱなし。。。

ということで、空港に早めに向かう様に予定を変更。

メルボルン空港は意外にすいていました。
時間が少しあったので、息子へのお土産探し。
カンガルーの絵のついた帽子などを買いました。



フライトも遅れず、予定通りシドニー空港に到着。

今回の出張、オーストラリアの自然療法を調べる旅では、大変お世話になった、シドニー在住のナチュロパス、前田アンヌさんが迎えに来て下さいました。



これから1週間、アンヌ様の家にお世話になることになったのです。

事前に、今回の出張では、取材の時の撮影や検査機関へのリファーラル(紹介)をお願いしていたのですが、シドニーでは、数多くの方と面会予定があるのに、まさかのパソコン不測の事体。。。。

ハプニングもありましたが、何よりも、奥深いオーストラリアの自然療法について、アンヌ様に、「とても興味ぶかいことばかり。せっかくの滞在なので、とことん時間を有効活用して吸収して帰りたい!もしかして、泊めて頂くというのは可能でしょうか?」と伝えたところ、

「家はとても狭いですけれど、、、ナチュロパスの方との事前確認もメールでできるし、充実させた時間にしてください。どうぞ、どうぞ!」と快く迎え入れて頂きました。

アンヌさんとは、5ヶ月ぶりの再会です。




電車に乗って、セントラルの駅へ。



そこから、バスに乗り換えて、グリーブ村へ移動しました。



↑ グリーブは、シドニーシティを対岸というか、湾のいりくんでいる地形からして、横から見られる位置にあります。



↑ 私のために特別にご用意頂いたスイミングのマグカップが、(涙!)
ハーブティとウエルカムチョコレートを頂きました。

荷物を置いてから、グリーブの通りを歩くことに。
明日からは忙しくなるので、それに備えての予習や、
ナチュラルセラピーの専門店や、ライブラリーなど紹介をして下さいました。



↑ お店の他、ナチュロパス(自然療法士が常駐するクリニック・スパ)も奥の方にありました。




↑ ハーブ類。独自ブレンド。症状別。





↑ ここのハーブはよくある一般ハーブディでなくて、品質がいいものを使っていい、
内容を調べて、どんな人にいいか、説明してくださるアンヌさん。



↑ こちらはブックショップ。ビンテージの本や中には、カフェもあるだそう。



↑ ジャンルはいろいろ。昔の薬草の本、占星学の本などもありました。



子供用 ビンテージブック達。



奥には裏庭カフェがあって、ゆっくり読書をすることも出来ます。

↓ カフェで、腰をおろして、ひと休み。打ち合わせをすることにしました。



コーヒーやカフェには厳しいアンヌさんが、良く利用する場所で。

アンヌさんはコーヒー豆、豆乳の種類、ケーキなどもナチュロパスらしい視点で見ています。実は、これから、毎日カフェを利用することになるのですが、オーガニックやフェアトレード、グルテンフリーなど私の興味とも重なっているので、とっても嬉しく・素敵な時間を過ごしたのですよ。






↑ リラックスのためにカフェインは抜きにして、ダンデライオンのソイラテと、キャロットケーキは二人でシェアを。
 


↑ ついたばかり&出張の疲れが見えるか?髪の毛が、はねていますね。
ここで、明日の準備と軽い打ち合わせ、アンヌさんには、私のカメラやビデオについての軽く説明をしました。 

ここにきている他の方みていると、単にお茶をするだけでなく、パソコンを使ったワークや仕事のイメージを含まらせるなど、そんなときに使うカフェとしてもいいみたい。

私もリラックスしました。
< BR>休憩の後はまた、通りを歩きます。

夕ごはんの材料を調達することに。



↑ オーガニックのポテト。ダッチクリーム 

・・・グリーブの町歩きは、本屋、カフェ、レストラン、オーガニックショップ、ビンテージショップ、ユーズドショップなどが揃っていて、楽しくて素敵でした!

短い間でしたが、大満足。
旅行できていたら、もっともっとゆっくり時間をかけてのんびり過ごしたい場所ですね。



ポテトは、オーガニックハーブで、グリルして頂きました。



サーモンと、レンズ豆の手作りディナー。
栄養たっぷりの健康的なごはん、野菜もタップリあって、身体に元気がでました。

さて、食後は、またまた、ナチュロパシーのことを教えて頂く体験を。



↑ 腸内細菌の様子を調べるインディカンテスト。




尿に試薬をまぜて、反応する色で調べます。

さてさて、私は、、、、といえば、産後ママになってからの食生活から、うすうす気がついてはいましたが、、、、腸内があれている様子。

この検査は、直前の食事の影響が血液検査の様に現れるわけではないので、その人の生活となりが現れるのです(苦笑)

ナチュロパシーでは、この検査をもとに食生活のアドバイス、ライフスタイル、そしてハーブの処方などのガイドラインとしても使うこともあるとのこと。

その後、それに対応するような、ハーブドリンクを作って頂きました。



・・・・

初日から、新しい体験がたくさん。。。
この後、シドニーでは、どのような体験していくのでしょう。

いろいろな専門書が置かれている本棚を見ながら、ドキドキワクワクした一日でした。

続く・・・



TOUCH FOR WORLD International Week 2011

第一回世界自然療法シンポジウム


IMSI ザ インターナショナル メディカルスパ インスティテュート

IMSIのことが
気になる方はこちら

IMSIがお伝えする
世界の自然療法にご興味のある方、
まずは第一歩を踏み出してみませんか?

ゆっくり資料を読みたい方はこちら

資料請求をする

何から始めて良いか分からない方はこちら

無料ガイダンスに申し込む(来校・オンライン)

まずは気軽にメールで情報収集という方

メルマガ登録をする

お問い合わせ

受講についてのご相談や、自然療法について知りたいことなどがありましたら、ぜひ気軽にお問い合わせください

お電話でのお問い合わせ

0120-458-234

フォームでのお問い合わせ

いつでもお問い合わせください
ページトップ