嵯峨副学院長のブログ

2011.10.26

ボディワーク 技術クリニック ペトリサージュ

昨日は、ボディワークに使う、技術の一部、タポートメントとペトリサージュの授業を。

この名前が分からないよ???
という方もいるかな?

トリートメント中に、身体を叩いたり、揉むことです。
そして、授業とは、こちらを極めるために行っているのです。

タポートメントやペトリサージュは、

時に、筋肉のつき方を意識して、
時に、皮膚や血管を意識して、

手法、そして、その圧、そのリズムを変化させていくことが重要。

・・・あっそれ、できるよ!と思うセラピストの方も多いでしょう。

でも、でも、ちょっと習っただけでは、フツーの実技にしからならい。。。

この技術は本当に奥が深い。。。。

IFPAくらい長い授業では、授業中にかなり上達していくのですが、
やっぱりお仕事を始めてみて、初めて本当の課題が分かるもの。。。

私も、クライアントに、

肩凝りがある、

とか

腰をもっと強く!

なんて言われて、ほぐすけれど、あまり劇的な変化がなくて困ったこともありました。

昨日の3時間は、揉むだけで3時間。ぶっ続け、
とにかく、揉むことをします。

揉むといっても、手で行いません。
ボディワークなのですから、身体全体を使って行わないと、手が疲れてしまう。。。
そして、全然気持ちよくない。

だから
○ 足先の向き、体の向き、肩の向き
○ 膝の位置、膝の動きの角度、おへその位置、
○ 肩の動かし方、肘、手の角度など

細かい動きをチェックしていく、、、
身体に負担があったり、力が逃げているようだったら、修正。

セラピストの動き方は、もっとも重要なコンテンツ。

それから、クライアントの筋肉を、どのようにみて、感じて、触れていくか?

筋肉、骨格ベースで、

五感ベースで、

エネルギーベースで

クライアントの身体を見ていく。

相手の筋肉を見ることができても、
自分の動きも観察できない人は多い。

私も、自分の動きが見られていなかった時期があるからこそ、
昨日のような授業のテーマでは、真剣に、細かく、伝えるのに熱がはいる。

結構ハードな時間になっただろう。
かなり体育会系の授業をしてしまった。。。

生徒さん、プロの方であったが、
見違えるような動きに、変身していた。

しかし、予告はしたが、そして、セルフケア方法も伝えたが、

やはり、筋肉痛になっているだろう。。。

大丈夫かな?

いつの間にか、「ですます調」が、「である調」に変っている私の文章。

私にとって、ボディワークは、そういうテーマなのかもしれない。

TOUCH FOR WORLD International Week 2011

第一回世界自然療法シンポジウム


IMSI ザ インターナショナル メディカルスパ インスティテュート


IMSIのことが
気になる方はこちら

IMSIがお伝えする
世界の自然療法にご興味のある方、
まずは第一歩を踏み出してみませんか?

まずは体験してみたい方はこちらから

オープンキャンパスに申し込む(来校・オンライン)

ゆっくり資料を読みたい方はこちら

資料請求をする

何から始めて良いか分からない方はこちら

ガイダンスに申し込む(来校・オンライン)

まずは気軽にメールで情報収集という方

メルマガ登録をする

お問い合わせ

受講についてのご相談や、自然療法について知りたいことなどがありましたら、ぜひ気軽にお問い合わせください

お電話でのお問い合わせ

0120-458-234

フォームでのお問い合わせ

いつでもお問い合わせください
ページトップ