嵯峨副学院長のブログ

2011.12.13

オーストラリア出張からの帰国

 このブログでは、引き続き、2011年秋にIMSI講師、嵯峨が「世界の自然療法を体験する旅」として、オーストラリアを訪れた時の様子をブログに書いています。

10月の滞在については、今日のコラムで、ひと区切りです。

この前の情報は、

オーストラリアと自然療法 滞在記 2011秋

にあります。

・・・・・・・

多民族国家とか多文化主義とか言われる南半球の国、豪州。

今回は、メルボルン、シドニーと自然療法をテーマに、いろいろな専門家を訪問しました。








自然療法の専門家を訪ねることで、

自然な流れで、海へいき、山へいき、

そして、また、それの専門家と一緒に過ごすことで、

自然の流れで、美味しいもの、オーガニックなものに触れる体験が続きました。

専門家のお話を聞きながら、

「あー、日本と、ここが違うのね」というような比較を感じることもありましたが、

自然療法のみならず、豪州そのものに、

とても興味をもつことになりました。

素敵な出逢いがありましたので、今年をスタートポイントとして、末永く国際交流ができればなと思っています。



↑ こちらはシドニーの空港で。
シドニー在住のナチュロパスの前田アンヌさんと。
今回の滞在では、始まりから終わりまで、大変お世話になりました。

リファーラルシステムが大きい豪州で、いろいろサポートして下さっただけでなく、ハーバルメディスンはナチュロパシーなど、知識の面でいろいろ教えて下さいました。

また、数々の素敵なカフェ、オーガニックレストランなどもご紹介下さいました。
ありがとうございます。また、お会いできる日を楽しみにしています。



広い豪州、飛行機が飛んですぐに、この景色。

自然だらけ、広大ですね。





写真は、ぼけていますが、さんご礁の島が見えます。

夜、無事に日本につきました。

もうひとつ感謝したいのは、「家族」です。



2週間の出張で、今まで家を空けた最大の日数。

過去に2回ほど海外に出ているので、今回がまったく初めてではなかったし、行く前も寂しそうではなかったのですが、、、、、、

私が出発したその日に発熱。。。。

パパさんの看病と共に、次の日は保育園をお休みました。

途中で電話したときは、「もう大丈夫だよ。鼻水が出ているけど」
と言っていました。

その後の時間は、おばあちゃんと遊んだり、パパの仕事について大阪へ行ったり、長野県の方に親子電車旅行に行ったりしたそうです。私が帰国すると、いろいろな電車自慢をしてくれました。

大阪と飯田を足すと、ママの、オーストラリアよりも遠いから!
と距離感を競争しているセリフもありましたよ。



カンガルーの帽子をかぶって。

・・・・・・・・

オーストラリア滞在の情報は、このブログで一区切りですが、またまた、帰国後に発見したことを書いて行きたいと思います。

ここまで読んで頂いた方、ありがとうございました。

近く、12月20日に、IMSIで国際出張報告会があります。

IMSIの2Fで行いますので、ちょっとスペースが狭く、ギュウギュウにしても、
あと2人程度しかは入れませんが、良かったら、どうぞご参加下さい。

http://www.imsi.co.jp/seminar/free/saga_au_report.html



オーストラリアと自然療法 滞在記 2011秋

西国IR認定リフレクソロジーコース 

IMSI ザ インターナショナル メディカルスパ インスティテュート

IMSIのことが
気になる方はこちら

IMSIがお伝えする
世界の自然療法にご興味のある方、
まずは第一歩を踏み出してみませんか?

ゆっくり資料を読みたい方はこちら

資料請求をする

何から始めて良いか分からない方はこちら

無料ガイダンスに申し込む(来校・オンライン)

まずは気軽にメールで情報収集という方

メルマガ登録をする

お問い合わせ

受講についてのご相談や、自然療法について知りたいことなどがありましたら、ぜひ気軽にお問い合わせください

お電話でのお問い合わせ

0120-458-234

フォームでのお問い合わせ

いつでもお問い合わせください
ページトップ