嵯峨副学院長のブログ

2012.02.14

子連れ旅行 ヒールズバーグ~カリフォルニアのワイナリーへ

先日は増田先生がコスモフェイシャル&リフトの授業をしていました。

私のオーストラリアの出張報告のコラムをみて、

「すごーい。オーストラリアに行きたくなっちゃう!」という話の後、

ハーブの話になり、12月の来日セミナーには、どんな講座内容がいいかな?という話に発展しましたよ。

オーストラリアのハーバルメディスンは、日本と比べて、だいぶ進んでいる感じ。

増田先生はイギリスのバークレー先生の講座を、とても楽しく参加したことがあるのだとか。

ハーバルメディスンの人気も高まっていますね。

日本で使えない手法だとしても、現地のことを伝えるセミナー内容なのか、日本でもなんとか取り入れられそうな内容をミックスさせるのか?そのバランスを考える必要がありそう。

IMSIではハーブの指導者がいませんので、その専門家にご意見を聞きに行こうと思います!

さて、このブログでは、引き続き、子連れ旅、サンフランシスコ、カリフォルニア ワインカントリーを訪れた様子を書いています。

・・・・
4日目の様子


ヒールズバーグのタウンプラザに面したホテルに滞在しましたが、
どうも、時差ボケか?朝が早く起きてしまったので、宿のリビングで、お仕事を。



24時間、ドリンクは自由に飲めるので、リラックスしながら、作業を。
落ち着いた色で、心地よく、考えをまとめる時間に。



こういう食器棚も、海外に行った時に見るのが好きなのです。

5時半ごろになって、朝ごはんを作る方がきて、ゴトゴト準備をしています。



コンチネンタルブレックファーストで、たいして期待していませんでしたが、
いい香りがする読んですよ。オムレツの。

家族も起きてきて一緒に朝食を。






このオムレツ、2種類のチーズが入っていて、意外にさっぱりなのです。
オーガニックやローカル産のもの。期待をしていなかっただけに、とっても嬉しい体験。

・・・さて、しっかり朝食をとり、

朝、天気をみると、うーん、青い空が見えているではないですか?
前日までの天気予報では、この旅の期間中、ずっと雨80%だったのですね。

この日の宿泊先などは決めていなので、どこにでも行けたのですが、

パパさんと相談して、「海側に出よう!」と言うことにしました。
パパさんは、どうしても、太平洋の反対側を見たかったのだそう。

確かに、日本と反対側だ。。。

ママさんは、ヒールズバーグの街をゆっくり見たかったのですが、天気優先ということで、急いで、どうしても、行きたかったところに、走って出かけました。



「ダウンタウン ベーカリー&クリーマリー」








カリフォルニア料理、地産地消などのモデルになった、バークレー地区、「シェパニーズ」で修業した人が作ったパンとスィーツのお店だそうで、地元の人にも、観光客にも愛されているお店。



材料は、オーガニックそしてローカルのもばかり。





ママさんは、スコーンとチェリーパイ。
そして、オーガニックのローカル野菜ジュースを買いました。



Farm to Bottle 、、、、良いですよね。



お店では、飲み物と共に、イーティングスペースがあります。



お店に前で写真を。

シャッターを押す瞬間に息子が入ってきました。。。

それから、心残りが微妙にありながらも、移動することに、







歩きながらとった写真。

ヒールズバーグには、テイスティングルームもたくさんあって、楽しそうに話を聞いている人も多くいたので、ワイン好きの皆さま、美味しいもの好きの皆様には、とっておきの場所かも知れません。

・・・

さて、私達は、晴れている間にと、海が見える場所に向かって車を進めます。

途中、ブドウ畑やワイナリーを沢山通ります。

1月、この時期、ブドウは枝だけという時期で、観光としては、かなりのローシーズンになります。

しかし、土のためか?雑草か?たくさんの菜の花のような黄色のお花が、どのブドウ畑にもあって、とってもきれいでした。

最初はブドウ畑をみながら、きれいだね、と言っていただけでしたが、通りがけに、お城のようなワイナリーがあったので、試しに寄って見ることにしました。



「Ferrari Carano」

というワイナリー。





門にはイニシャルとブドウのマークが。



車をとめて、建物に近づきます。



新緑のシーズンには、とてもきれいなグリーンゲートになるのではと思いならが頭上を見ます。



お城みたいな建物に、息子は走ってどんどん進みます。



ブドウ畑が見えます。



建物の中は、ワインテイスティングができるようになっています。



車なので、パパさんは見送り。
ゴールドドライバーの私は、実は車酔いで気持ち悪くなっていたので、パス。

こういう時に使えなくて、本当にごめんなさい。。。



地下には倉庫がありました。

スケジュールによって、ブドウ畑やワインのことを説明するツアーがあって、予約して参加する仕組み。ほとんどのワイナリーが同じシステムです。

農家の方に、お話を聞くのも楽しいと思います。

多くのソノマ、ナパヴァレーの多くの場所で、
夏はランチをもって、ピクニックできる所も多いのです。

子供がいないときの旅行だったら、冬でもいろんな話を聞いただろうな?とも思いましたが、単にお話をきく、しかも外国語???では、息子も飽きてしまうので、今回は、ちょっと見ただけで終えました。



広ーいブドウ畑をみて、気持ちよくなりました。

そして、私はワイン街道に縁があるようです。

まったくもって、ワイン飲みではないし、うんちくもゼロ。

でも、なぜか、フランスボルドー周辺、ロマネコンティのブルゴーニュ地方のワイナリーを訪ねています。それも、別の理由で、その地を訪問して、なんとなく有名だから見よう!なんていう感じで、、、(笑)

だから、ワインのことは、聞かないでくださいね。

でも一言、ワイン初心者だって、ワインカントリーはとっても楽しめるのですよ!

とびっきりの景色と、ゆったりとした時間が流れているのですから。

・・・・・

車は海岸をめがけて、進みます。

続く・・・・



IMSI2012年、春の求人案内、スタッフ募集です。詳細はこちら
http://www.imsi.co.jp/aboutus/job_opportunity/imsi_job.html


オーストラリアと自然療法 滞在記 2011秋

米国認定 ブレインジム 体験・入門

IMSI ザ インターナショナル メディカルスパ インスティテュート


IMSIのことが
気になる方はこちら

IMSIがお伝えする
世界の自然療法にご興味のある方、
まずは第一歩を踏み出してみませんか?

ゆっくり資料を読みたい方はこちら

資料請求をする

何から始めて良いか分からない方はこちら

無料ガイダンスに申し込む(来校・オンライン)

まずは気軽にメールで情報収集という方

メルマガ登録をする

お問い合わせ

受講についてのご相談や、自然療法について知りたいことなどがありましたら、ぜひ気軽にお問い合わせください

お電話でのお問い合わせ

0120-458-234

フォームでのお問い合わせ

いつでもお問い合わせください
ページトップ