嵯峨副学院長のブログ

2013.08.03

ベトナム医道反射学勉強中

こんにちは。


今年はべドナム医道反射学


ディエンチャンという顔の反射学を学んでいます。



セラピーによる変化、効果が高いことで


全国に熱いファンがいるソレンセン式フェイシャルリフレクソロジー



このプログラムのうち基本トリートメント、7ステップのうち



半分を超える4ステップが、



このベトナム医道反射学からきています。



・・・・・・





このコース、3回の授業を受けました。




顔の反射学、陰陽の考え方のもと、



顔と脳



顔と内臓



顔と身体



とのつながりをみていきます。



顔は最も脳に近いということで、



刺激が高いことは、創始者、ドクターチャウからも伝えられているようですが、



顔だけでなくて、脳、内蔵、身体と関係するのは



手、足、耳、同体、頭部ともあること。



つまり、顔からのアプローチでなくて、



手からも、足からも、頭からも、胴体からも



アプローチができること。



アプローチがひとつでないこと。



アプローチがひとつでない、という考え方は



人の身体や健康を考えるときに最も重要なポイントのひとつです。



というか、アプローチが一つであったり、数学的であったら、



人間は変化しないのですね。



不調は複数の要素が重なって起こることがほとんどです。



そんな意味で、このディエンチャンの手法、



そして、インストラクターの冨野先生のブログにも



書かれていますが、この反射学が作られた哲学みたいなところ、



日本人の私も、学びたい、ところです。





子どものアレルギー、鼻炎、メンタル面のサポートなど

家族でためしても面白い結果が。



続いて、勉強していきます。


基礎コースは、

手法になれたり、道具の使い方、
考え方に、体の不調に対するプログラムづくり
がメインと聞いていますが、

アドバンスコースでは

症例問題が多くなってくるそうです。

アレルギー、不妊、うつ、など
いろいろな症状に対して、

どんな、ツボがいいのか?

いろいろ習うとこのこと。

とても短い時間で効果がでるのと、

誰でにもできるようなところが

ブレインジムや脳エクササイズと似ている。

かしこまらない手法
リラックスできる手法

そして、効果があるものが、本当に人々に喜ばれるものだろうと
つくづく思う今日、この頃であります。

明日は、日本初のブレインジムカンファレンス。
夜8時までびっちりです!

全国のインストラクターに会えます!

明後日はインストラクター会議。

とても楽しみで、また、忙しい時間となりそうです。

またご報告します。

そういえば、ブレインジム北九州で開校することになりました!

10月21日、22日、11月18日、19日

(月曜、火曜)です。

広くて環境のいいところを望んでいて、

みつかりました!

外にでるワークもしようかな?
自然療法もミックスできそう!!

福岡で受講されたい方は、ご連絡くださいね!


とにかく、楽しみです。


IMSIのことが
気になる方はこちら

IMSIがお伝えする
世界の自然療法にご興味のある方、
まずは第一歩を踏み出してみませんか?

ゆっくり資料を読みたい方はこちら

資料請求をする

何から始めて良いか分からない方はこちら

無料ガイダンスに申し込む(来校・オンライン)

まずは気軽にメールで情報収集という方

メルマガ登録をする

お問い合わせ

受講についてのご相談や、自然療法について知りたいことなどがありましたら、ぜひ気軽にお問い合わせください

お電話でのお問い合わせ

0120-458-234

フォームでのお問い合わせ

いつでもお問い合わせください
ページトップ