• 体験会はこちら(オープンキャンパス)
  • 資料請求はこちら
  • お仕事のご依頼はこちら
電話
笑顔で、自分らしく、貢献していくために

2013.12.24

アスリートとスポーツ指導者のためのブレインジム&原始反射実践講座にあたって

22日(土)は、
 
「アスリート&スポーツ指導者向けブレインジム・原始反射講座」
 
を開催させていただきました。
 
ご参加頂きました皆様、ありがとうございました。
 
アスリートの方、選手の指導やサポートをされている皆様からは
 
ブレインジムや原始反射へのワークの感想だけでなく
 
ご自身がおかれている場所で、どんなことが起こっているのか?
 
などのお話にふれる貴重な機会となりました。
 
 
教育現場、発達支援、自己啓発の分野では、
 
国内外でもブレインジムの活用が頻繁に行われていますが、
 
スポーツにおける活用は日本では始まったばかりとも言えます。
 
私自身は、初めてブレインジムを学んだ時に、
 
競技をしていたころの自分や、その他の選手、保護者の顔を思い出し
 
また、種目を超えて他のスポーツの選手のことを思い浮かべたことを覚えています。
 
後に原始反射を学んだ時は
 
スポーツのシーンで、
 
「運」や「ストレス」「性格」の一言で終わらせてしまうケースが多い中、(なるほど、こんな風に関係しているのか?)という「動きと、結果のエネルギーの謎」に驚き、納得しました。
 
 
ブレインジムや原始反射を活用したワークをスポーツの世界でも行ったら、もっと選手やコーチの世界が広がるだろうな、実感したのを覚えています。
 
もちろん、スポーツの世界に絶対必要なんていいません(スマイル)
 
選手やコーチにおいて、何をするか、何を取り入れるか?というのは、
何をもとめているのか?というモチベーションによります。
 
 
まずは、伸び悩んだり、課題を感じている方、怪我の多い方、極度のプレッシャーにおかれることが多いケースでの活用が選手・指導者からも理解もされやすいかもしれません。
 
その他、競技の世界での知性を高めて、可能性を広げるというのもありますが、
ははは、これも、やりたい人はどのくらいいるかな?
 
 
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
今回のセミナーでは一緒に創り上げた淡路島に住むブレインジムインストラクターの灰谷さんから、たくさん、深い学びをしました。
 
同じような活動をしているのだけれど、視点が違う。
 
でも、目指していること、大切にしたいことの共通点で
 
さらに話が深まる。これほど貴重な時間はありませんでした。
 
 
準備の打合せでは、スポーツなのに、学校における子どもたちのこと、自閉症など発達支援分野、原始反射と子どものメンタリティの作られ方、個性の活かし方など、とにかく多岐にわたって話をする機会に恵まれました。
 
当日オブザーバーとして参加して下さった日本教育キネシオロジー協会の代表の田村さん、
 
当日スペースをお貸し頂きました楠木学園の神田先生へも深い感謝を。
 
 
 
いろいろな方から、ポジティブで前向きなエネルギーを頂いた時間となりました。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
本日は、中学生クラブチームに所属するサッカー選手へのブレインジム&原始反射セッションがありました。(以下同意を得て一部をシェア)
 
目標はJリーグでプレーすること、そして、将来の夢はスペインでの活躍です。
 
いいですよね!こういう目標!
 
本日のテーマは、大会におけるメンタル面、好不調の波をなくすことから
 
ひもを解いた、
 
「タマギワ」で、もっと自信をもって積極的なプレーをする!
 
でした。
 
 
初めてのセッションですので、
 
脳と身体の関係と視野と焦りの関係を軽く説明、実体験して頂きました。
 
この年代から取り入れていれば、将来はメンタル面に左右されすぎない、
 
アタマがカラダが結びついた選手になることでしょう!
 
もちろん、現役引退した後にも知性を使いやすく、仕事も多方面に移行するでしょう。
 
私自身はプロや年齢が高い選手だけでなく、若い子への紹介もとても価値がある物と思っています。
 
 
 
ページトップ

Copyright © 2013 IMSI Corporation.All rights reserved.