嵯峨副学院長のブログ

2014.03.19

「脳力開花と自然療法」講演と体験プログラム案内①「アートによる脳力開花」檜森先生

大人になった自分が学び始め、実践しながら、日々の生活が楽しくなっている事実、
自ら学び、活動を続けながら、いつの間にか、周りにも影響するようになっています。

それから、私が日頃している活動に興味を持たれた
面白くって、素敵なプロとの出逢いが自然におこっています。

そして、そういうプロの方を紹介する場をつくりたくなるものです。

人には、どんな人に好感をもつか、という好みがあります。

もちろん、私にも。

私の場合は視野が広く、知識だけでなく、ちゃんと行動で「実践」している人に、尊敬、共感を感じやすい特徴があります。

今のままで幸せですが、このことは、まだまだ自分が学びたい、高めたい、と思っているからでしょう。

さて、今日から4月29日までは、日頃の活動に加えて

自らも企画運営する「脳力開花と自然療法」に登場されるプロの方を紹介をしていきたいと思います。

脳や教育、自然、心地よさ、楽しさなどを引き出してくれるプロの方達です!

一番最初は、教育とアートにおける脳力開花、檜森先生の講演内容とメッセージです!


<学力向上と豊かな個性を育てるアート教育法>
 
勉強でも仕事でも、
〇なかなか覚えられない
〇理解するのが難しい
〇自分の言いたいことを人に分りやすく説明するのが苦手
 
これには理由があり、認知特性が関係しています。
 
ひとりひとりがもつ、情報のインプット、アウトプットの特徴を知りましょう!
 
全体をまず把握したいタイプや、順序性がはっきりしているとわかりやすく感じるタイプ、

耳で聞くと理解が早いのか、視覚的な情報の方が得意なのかなど、様々なタイプがあります。
 
自分がどんな認知特性があるのか、相手がどのようなタイプかを知ることで学びやコミュニケーションがスムーズになります。
 
仕事ができる人、勉強ができる人は自分の認知特性をうまく活用してきた人と、いえます。
 
例えば、仕事のシーンで「あの人、指示が細かい」「あの人の説明分らない」など、お互いのコミュニケーションがかみ合わないのは、認知特性の違いが大きいのです。
 
これらは絵を描いたり、ものを作ったりする場面で、よく表れます。
 
この講演では、認知特性についてアートの事例をもとに分りやすく、お話しします。
 
自分自身や、子ども、同僚、友人が、どのように「もの理解しているか」を知ることは、より、スムーズなコミュニケーション力の構築につながります。
 
 <表現アートワーク 60分のミニワークショップについて>
 
今まで描いたことのないやり方で絵を描いて、楽しく脳を活性化します。
 
絵の上手い、苦手は全く関係ありません。そうしたことが気にならない場の中でのワークを行います。

職場や家庭でも活用できる、楽しみながらコミュニケーションを深める方法、是非お楽しみ下さい!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

4月29日(祝)「脳力開花と自然療法」青山学院アイビーホール

講演と体験プログラム、ミニワークショップ詳細はこちらから↓

http://www.imsi.co.jp/course/event/2014_event.html
 

IMSIのことが
気になる方はこちら

IMSIがお伝えする
世界の自然療法にご興味のある方、
まずは第一歩を踏み出してみませんか?

ゆっくり資料を読みたい方はこちら

資料請求をする

何から始めて良いか分からない方はこちら

無料ガイダンスに申し込む(来校・オンライン)

まずは気軽にメールで情報収集という方

メルマガ登録をする

お問い合わせ

受講についてのご相談や、自然療法について知りたいことなどがありましたら、ぜひ気軽にお問い合わせください

お電話でのお問い合わせ

0120-458-234

フォームでのお問い合わせ

いつでもお問い合わせください
ページトップ