• 体験会はこちら(オープンキャンパス)
  • 資料請求はこちら
  • お仕事のご依頼はこちら
電話
笑顔で、自分らしく、貢献していくために

2014.07.25

香りの街、南仏グラースと淡路島、一宮町のお線香

昨日の投稿の続き、淡路島です。

灰谷さんとは、この香りの館を紹介してもらって
ここで別れ、一人でゆっくりする時間をとりました。

灰谷さん、忙しい中、お時間をつくってくれて深謝です。

こういう香りもの建物、世に沢山ありますが、正直、期待以上の学びと体験をしました。

ところで、「えー!!!南仏のグラースと姉妹都市なの?」

グラースと言えば、アロマセラピストなら知っている人も多いはず。

香りの街ともいわれ、ボタニカル系のカンファレンスなども開催されています。

私も2001年に、ガブリエルモージェイのスクールで英国のアロマの資格取得コースのとき、精油の化学の授業が南仏であり、
このグラースにも立ち寄りました。

香水をつくるレッスンを受けました。その時の自分が作ったタイトルが「POWDER MIST」

今、思い出すと、目茶目茶ダサい英語と名前ですね(笑)。
13年前を思い出しました。20代後半、うん。若い!

一宮は香りの町。

そして、香木がながれついた神社(昨日のブログで紹介)
枯木神社

↑ 私たちが授業でいつも話している言葉ですね!

いろいろな実物が置いてあります。

この沈香(じんこう)こちらは、とても貴重な香りらしく、
このお線香も持ち帰りました! 

さて、お線香の町、淡路島は国内のお線香の70%が作られているとか。

実は私、お線香づくりを初めて体験しました。


このビャクダンと

くすのき科のタブノキを混ぜてつくるのだそうで、

お線香づくり体験をしてみました。660円。

ものすごい、リーズナブルなのに、

自家抽出されたローズマリーのエッセンシャルオイルも加えて、
アート体験というか、瞑想風に手を動かせえて、完全自分のペース。
すごーくココロが落ち着く時間でした。

ここでは、色水だけど、
色なしでもいいのではと思うほどいい香り、です。

作成後、外に出てみると、太陽がサンサン。ということで

イチジクソルトクリーム。いけます。

そして、これをみて、

自分の原始反射のTLR 緊張性迷路反射の状態でも試そうかと、ひとり、パソコンをかついだまま、
こちらに移動。

多分、幼児の遊び物です。

張り切ったものの、こちらは、不発。
ローラーがあつく、やけどしそうだったので、ゆっくりお尻でおりてきました。

それから、温泉につかること1時間。

名物シラス丼を食べ、足のマッサージまでうけました。

お線香づくりが思わぬところで、とても楽しく、気に入りました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

帰りの新幹線、のぞみの中


伊弉諾神宮で手に入れた
日本の始まりと淡路島の絵本をよみました。

神社の本は、私には、このくらい分りやすいものがピッタリな気がします。
英語の説明も書いてあって、ラッキー。

こちらは、仕入れたお線香。
〇ローレルとサンダルウッドの組み合わせ(共に好きな香り)
〇そして、沈香がはいった職人さんが誇る、初梅香
〇香りが気に入った甘茶香

東京に戻り、翌日、息子は神社の絵本を読み、お線香にも興味を持ちました。

ずっと、お線香をみていました。

息子が甘茶香の香りを選び、寝る部屋に香らせると、スヤスヤねていきました。

お線香の工場も訪問してみたいな。

アロマセラピストで行きたい人がいたら、一緒にいきましょう。

今回はパスしましたが、無農薬ブルベリー農園とかもあるようです。
美味しいものと海、温泉、香りの町があります。

以上 淡路島のお線香についてシェアでした。

 

 
ページトップ

Copyright © 2013 IMSI Corporation.All rights reserved.