嵯峨副学院長のブログ

2015.07.06

なでしこジャパン、本当にお疲れ様でした。ずっと応援したいチームですね。

なでしこJAPAN お疲れ様でした。

ワールドカップで優勝し、それから、世界チャンピオンとして、
オリンピックでも決勝に進み、

ディフェンディングチャンピオンとして、
各国に研究され、

今回もワールドカップの決勝に進み、
それが、どのくらい、重みがあることか、

ものすごいことなのだと、感じまくりましたし、

多くの方も、心の底から知っているのだと思います。

大きなコートに
大きなゴール枠である種目で

決して体型的にも恵まれてもいない日本。

今回は、予選から、ほとんどの試合をテレビをみていましたが

本当に一瞬のことでも、ものにしていく、
なでしこさん達をみて、感動しました。

どうしたら、こんな人たちに育つのだろうと、

キャプテンの宮間さん、
その他の選手も、

少女時代のことを
ネットで検索出来る範囲ですが、読みあさりました。

4年間は、澤さんのを調べまくりましたね(笑)。

今日は本当にお疲れ様でした。

ひょっとすると、なでしこリーグの試合をみたりすることが
一番、応援者として貢献になるのかなと思った日でした。

気がついたら、男子のカードは時々観戦していますが、
女子の方は、うっかり大きな大会だけ、テレビの前で応援していた自分にも気づきました。

私は、サッカーを、ママのお付き合いで始め、2年が過ぎました。
月1回の練習なので、たいして上手くなりませんし、
正直、私はマイペースで、まっすぐ前をみて、まっすぐ前に進むことに慣れています。
競うという点では、自分にあうスポーツとも感じませんが、
足を動かすって、この年になると、スッキリするのですね。
いい感じがするので、続けています。

見るのは好きなので、今度は
女子の試合を観戦したいなと思います!

さて、
日本もそうですが、

3位になったイングランドでも、
華やかでリッチな男性と比較しても

「女性がフットボールなんて」という文化が

たっぷりあるなか、工夫や苦労の中、現役を続けたり、
トレーニングに励まれているのだと感じます。

年齢も若いともいえず、結構、年齢上の人がスタメンでしたね。

銅メダルおめでとうございます。

そして、ドイツはなんといっても、

決定的な優勝候補だったのですから

かなり消沈していると思います。

いろいろな国の選手の想いが詰まったワールドカップを
観戦しながら、とても感動した、1か月近くでした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ともあれ、やっぱり、

私は日本人ですから

なでしこさん、そして、佐々木監督に

大きな拍手をこころから送りたいと思います。

これからも、頑張ってくださいね。
決勝リーグ、感動しました。

夢のような、素敵な時間をありがとうございました。

 

IMSIのことが
気になる方はこちら

IMSIがお伝えする
世界の自然療法にご興味のある方、
まずは第一歩を踏み出してみませんか?

ゆっくり資料を読みたい方はこちら

資料請求をする

何から始めて良いか分からない方はこちら

無料ガイダンスに申し込む(来校・オンライン)

まずは気軽にメールで情報収集という方

メルマガ登録をする

お問い合わせ

受講についてのご相談や、自然療法について知りたいことなどがありましたら、ぜひ気軽にお問い合わせください

お電話でのお問い合わせ

0120-458-234

フォームでのお問い合わせ

いつでもお問い合わせください
ページトップ