嵯峨副学院長のブログ

2021.06.09

30代―50代でも認知症のような症状に?

今日は「一緒に学んでいる方へ」のコーナへの投稿です。

 

20年ぶりにアルツハイマー型認知症の治療薬が米国で承認されたというニュースがありました。これまでは病気の症状を抑える薬のみで、直接、認知機能低下に働きかける薬として認可されるのは世界初、なのだそう。ただ、現段階では条件付き認可で、今後の結果によっては認可が取り消される可能性もあるそうです。

 

先月、たまたまNHKで「働き盛りの30~50代でも、物忘れが激しくなり判断力や意欲が低下する」というスマホ認知症について番組を見ました。

 

この番組では、スマホの使用時間が多くなることで、文字や映像などが次々と脳に送られ、処理が追いつけない状態になり、脳の中が「情報のゴミ屋敷」になるという表現で紹介されていました。加えて、スマホの使用が長くなると実際に脳への血流量が低下し、認知、意欲に影響がでているとも。

 

「脳内がゴミ屋敷状態」~ ひえっ~!

 

脳神経外科の奥村医師が作成した30問のチェック法も紹介されました。

 

例えば

・時間が空いたらスマホを取り出す

・覚えるために写メを撮る

・何かを取りに行って、その目的を忘れる

・段取りが悪くなった。

などなど。

 

・・・・うわぁー、、、

私もやってみましたが、たくさんチェックが!!

 

試されたい方はこちらへ。

 

(出典 NHK「脱!だらだらスマホ 物忘れ改善&朝もスッキリSP」)

(出典 NHKスマホ認知症 危険度チェック)

 

 

 

脳のゴミ屋敷が続くと

気持がウツウツ。

次にやりたいと思える意欲がわかない。

集中と記憶ができない、作業に影響がでる、、、

だるい、

 

色々な症状がでるのだそう。今まで普通にしてきたことができない感覚でしょうか?

 

そんな、現代のライフスタイル下にある脳の中のゴミ屋敷も「お掃除法」があるんだそうです。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【誰にでもある?私も?】

昨年から学院の卒業生在校生の方から「最近、どうもやる気でなくて」「だるい。全然集中できない。」「人とあわなくなって、最初はよかったけれど、だんだん気持ちが滅入ってきて、、、」という声が多く届くようになりました。

 

私自身も、ずっとではないけれど、このコロナ禍で、そういう体験が、少なからず、あるのですね。

 

次の投稿では、先月の番組後、取り組んだことのその感想を書きました。よかったらご覧ください。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

自然療法の国際総合学院IMSI

英国IFPAアロマセラピーオープンキャンパス(無料体験会)

原始反射・ブレインジムオープンキャンパス(無料体験会)

 

6月、7月のゲスト講師の特別セミナー

・認知症とアロマセラピー(アロマセラピー未経験でも参加できます)

・自然な発達を促す身体アプローチ入門(原始反射、運動学について未経験でも参加できます)

IMSIのことが
気になる方はこちら

IMSIがお伝えする
世界の自然療法にご興味のある方、
まずは第一歩を踏み出してみませんか?

ゆっくり資料を読みたい方はこちら

資料請求をする

何から始めて良いか分からない方はこちら

無料ガイダンスに申し込む(来校・オンライン)

まずは気軽にメールで情報収集という方

メルマガ登録をする

お問い合わせ

受講についてのご相談や、自然療法について知りたいことなどがありましたら、ぜひ気軽にお問い合わせください

お電話でのお問い合わせ

0120-458-234

フォームでのお問い合わせ

いつでもお問い合わせください
ページトップ